仕事のプレッシャーに負けない魔法の言葉!

こんにちは!フリーランスエンジニアのサカイです。

仕事をしていると度々プレッシャーのかかる仕事が
舞い込んでくることがあります。

  • 新しい業務を担当したり、
  • 新しいプロジェクトに参加したり、
  • 難しい問題を任されたり、

「任せたぞ」」「よろしくね」なんて言われて
「頑張ります!」なんて言ってみたものの、心はプレッシャーで押しつぶされそう・・・。

僕は今までプレッシャーのかかる仕事を何度か経験してきました。

新規のプロジェクトを任されることになったり、
急に担当変更になって新しい仕事が次々と降ってきたりで、
パニック障害になってヤバかった時もあります。。。

しかし、その時その時、僕は色んな言葉に救われてきました。

言葉って不思議ですよね。

その言葉を知るだけでフッと心が軽くなって前に進める。

今回は僕が大切にしている仕事のプレッシャーに負けないための魔法の言葉
あなたにシェアしたいと思います。

あなたがプレッシャーを軽くする言葉に出会えますように。

1.プレッシャーに負けない言葉

①「すべてはうまくいっている」

この言葉は僕が20代の頃に出会った言葉です。
たしか山崎拓巳さんの本だったかと思います。

きれいごとのような言葉に思えるようで、何故か僕にはなじみました。

今どんなことが起きていたとしても、実はすべてがうまくいっている。

今起きている悪いと思える状況も
実はうまくいく為の過程の1つなのかもしれない。

実はなんだかんだでうまくいく方向にことが進んでいる。

僕自身の経験的にも、なんだかんだでうまい方向に進むということが多かったので、
「すべてはうまくいっている」という言葉がしっくりきているのでしょう。

  • 近所トラブルが原因で引っ越したら、快適な場所に住めるようになった
  • 職場のトラブルに巻き込まれて異動になった結果、やりたい仕事に関われた
  • うつで退職した結果フリーランスになり、収入と自由な時間が増えた

何が良いか悪いかなんて短期的に見たらわかりませんよね。
長い目で見たらだいたいすべてはうまくいっているものです。

中国の有名な「人間万事塞翁が馬」という格言も同じ意味ですね。

とにかく起こっている1つ1つのことには、あまり囚われる必要がないということです。

②「大丈夫、なんとかなる」

この言葉は心屋仁之助さんのポッドキャストで知った
「一休さん」こと一休和尚の言葉です。

一休和尚は亡くなる直前、弟子たちに
「どうしても困った時に開けなさい」と手紙を渡したそうです。

数年後、弟子たちが困り果てて一休和尚の手紙を開けた時、
書いてあったのが以下の言葉です。

「心配するな、大丈夫、なんとかなる」

困り果てた時に見たら「マジか~・・・」と絶望するかもしれませんね(笑)

でも結局は何とかなるもんなんです。

どんな結果で終わるかはわからなくても、何とかなるものです。

その時その時は大変なピンチに見舞われていても
長い目で見れば何とかなるものです。

特に仕事の場合は、必ず何とかなります。

あなたがどれだけ失敗したって、
会社や上司は何とかしなくてはいけないのですから(笑)

そのぐらい気楽でいいのではないでしょうか?

力が入り過ぎるとあなたの力を最大限まで引き出せません。
「まあ何とかなるよな」ぐらいで取り組んだ方が意外とうまくいくものです。

③「失敗してもいい」

この言葉は心屋仁之助さんの本で知りました。

プレッシャーを感じる時って、知らず知らずのうちに
「こうしてはいけない」「こうするべきだ」という考えに囚われています。

  • 「失敗してはいけない」
  • 「わからないことはダメ」
  • 「指摘ばかりされるのは良くない」
  • 「うまくやらなくてはいけない」
  • 「知っていなければいけない」

そんなことばかりが頭の中でいっぱいになると、
いつしか縮こまった自分が出来上がってしまいます。

自分の能力を最大限生かせないし、ストレスをも溜まって悪循環です。

とは言っても、そんな簡単に開き直れないですよね?

だから言葉に出して言うんです。

  • 「ダメでもいい」
  • 「わからなくてもいい」
  • 「指摘されてもいい」
  • 「バカにされてもいい」
  • 「無能だと思われてもいい」

何度も口に出していると、気持ちが楽になってきます。力が抜けていきます。

無理やりポジティブな言葉を口に出すよりも
「バカにされてもいい」「ダメでもいい」と
自分を受け入れる言葉を発した方が随分と楽になるものです。

ポジティブな言葉を発して気分が上がるならいいですが、
無理して口にすると段々と苦しくなっていきます。

結局それも「ポジティブでなければいけない」という概念に
縛られているからです。

  • 「ダメでもいい」
  • 「わからなくてもいい」
  • 「指摘されてもいい」
  • 「バカにされてもいい」
  • 「無能と思われてもいい」

ただただ口に出すだけでいいので、試しに言ってみて下さい。

ちなみに選ぶ言葉の基準は「言うことに抵抗がある言葉」です。

「バカにされてもいい」と口にすることに抵抗があるなら、
普段から「バカにされたくない」と強く思っているということです。

抵抗がなくなるまで「バカにされてもいい」と言ってみましょう。
心がほぐれていきますよ。

2.後悔しないなら逃げてもいい


なぜ仕事にプレッシャーを感じるのでしょうか?

それは「うまくやりたい」という気持ちがあるからですよね?

どうでもいいと思っている仕事にプレッシャーなんて感じようもありませんから。

プレッシャーとはある意味「前向きな気持ちの現れ」でもあります。

それだけあなたは前向きで責任感があるということです。
素晴らしいことだと思います。

でもプレッシャーに押しつぶされて心が壊れてしまうのは良くありません。

責任感の強いあなたは「逃げ出すことが良くない」と思っているかもしれません。

いいんです!逃げたって!

むしろいつでも逃げる準備をしているぐらいで丁度いいです。

本当に辛い時は、迷わず逃げましょう!

ただ1つだけ自分に質問してみて下さい。

「やり残したことはないよね?」

何かをやり残した後悔は
何かをやった後悔よりもずっと後々までひきづります。

できれば逃げる前にやり残しを無くしてから逃げましょう。

「ここまでやってから逃げよう」

そう決めれば、決めたタイミングまでは頑張れるものです。

3.意外と向き合うと楽になる説

僕の経験上、プレッシャーを感じる仕事は向き合えば向き合うほど楽になります。

理由は3つです。

  • 向き合うことで少しずつ色んなことが解決していくから
  • 向き合うことでやるべきことが明確になってくるから
  • 「今」に集中するようになるから

プレッシャーとは言い換えると、
「未来に対する不安」「確定していないことへの不安」です。

ボンヤリと自分が理解していない未来に対して、
「うまくいかなかったらどうしよう・・・」「失敗したらどうしよう・・・」
と漠然とした不安を抱えている状態です。

ですので「やるべきこと、潰すべき課題」がボンヤリしている限り、
プレッシャーが消えることはありません。

仕事に向き合うことで、
やるべきことが明確になり、今に集中するようになります。

DeNA創業者の南場陽子さんの言葉に
「苦しい時こそ前のめり」という言葉があります。

単純な根性論のように思うかもしれませんが、実は理にかなっていたりします。

向き合った方が安全圏に入れるものなんですよね。

「逃げる」と「向き合う」

相反する行動ですが、どちらを選択しても良いです。

  • 後悔するなら向き合う
  • 後悔しないなら逃げる

という判断が良いでしょう。

さいごに

  • 「すべてはうまくいっている」
  • 「大丈夫、なんとかなる」
  • 「失敗してもいい」

仕事のプレッシャーに押しつぶされそうな時は本当につらいですが、
大丈夫ですので、力を抜いて好きなように仕事しちゃいましょう!

「すべてはうまくいっている」

「大丈夫、なんとかなる」

「失敗してもいい」

あなたがプレッシャーに負けずに仕事をやり遂げることを願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください