働く意味がわからない時の4つのヒント。なぜあなたは働くのか?

こんにちは、フリーランスエンジニアのサカイです。

あなたは何のために働いていますか?

お金のため?生活のため?

僕も含めてだいたいの人が生活のために働いてると思いますが、
生活のためにだけ働けるほど人間の心は単純ではないんですよね。

あなたはどうですか?たまにふと考えたりしますか?

僕は40歳になってやっと働く意味がわかりました。

そして同時に「働く意味に気づくポイント」もわかってきました。

ですので今回は、僕がたどり着いた
「働く意味に気づくためのヒント」をご紹介したいと思います。

あなたのモヤモヤが少しでも晴れれば嬉しいです。

1.働く意味について考えたきっかけ

働く意味についてふと考えることって、今までも何回かありましたが、
なかなかちゃんと向き合うことはありませんでした。

まあ、考えなくても生きていけますからね。

でもホリエモンこと堀江貴文さんの『ゼロ』を読んだ時にわかったんです。

『ゼロ』には堀江さんの今までの体験が赤裸々に語られているとともに
働く意味を読者に問うようなメッセージがたくさん詰まっています。

『ゼロ』を読むことで何となく思っていた「働く意味」が明確になってきたんです。

そして『ゼロ』をきっかけに色々と考えを巡らせた結果、
働く意味の答えを見つけるポイントもわかったんです。

今からご紹介する4つのヒントをもとに考えていくことで、僕は働く意味に気付きました。

2.働く意味に気付くヒント

①「生活のために」を否定しない

働く意味を考えた時に1番初めに出てくるのが「生活のため」という理由でしょう。

生活のために働くって当たり前なんだけど、
「なんかカッコ悪い」「味気ない」そんなイメージありますか?

ついつい他の答えが欲しくなって
「俺は金の為に働いているんじゃない!」とカッコつけたくなる時もありますか?

逆に「働かないと生きていけないから仕方なく奴隷として働いている」
と、卑屈に捉えたりする場合もあるかもしれません。

でも生活のために働くって立派なことですよ。

結局働かないと生きていけないし家族も養えないので、
これはこれで立派な理由として堂々と受け入れればいいのです。

「生きていく為、家族を養う為に、がっつり稼ぐのだ~!」と。

働く意味は「1つじゃなきゃいけない」なんてことはありませんしね。

「生活のため」をちゃんと受け入れ方が正直な気持ちで自分の気持ちに向き合えます。

「他に自分が働く理由って何だろう?」って。

ちなみに、もし生活のために「仕方なく」働いていると感じる時は
「今の職場で働く」と「働く」が混同している場合が多いです。

まず「働く意味」があって、その意味に今の職場が合っているか?と考えるべきです。

「そんなうまいこといかないよ」という意見もあるでしょう。

そうです、世の中上手くいかないことの方が圧倒的に多いのです。
だからとことん向き合って追い求めるのです!

②立派な「好き」を求めない

多くの有名人がインタビューなどで
「好きだからこの仕事をやっている」と答えているのを見かけます。

素敵だし羨ましいけど、それは誰にでも言えることではありません。

そして「好き」という理由だけで働ける人も多くはありません。

そもそも自分の「好き」って誰しもがわかっているわけではなし、
そんなに簡単に探せるものではありません。

だから無理に探す必要はない。

よく本などで自分の好きな仕事を探す方法として
「お金を頂かなくてもやりたいこと」というヒントを見かけますが、
ちょっと考えづらいですよね。

仮定の話だとしても、お金を貰わないでその仕事をやっている想像をしてしまうと
ポジティブなイメージが湧きにくいのです。

たとえばお金をもらわずに下積み修行をする人は
「その仕事で一人前になりたいから」「好きだから」やっているわけですが、
一生お金をもらわなくもいいと思ってやっているわけではないと思います。

いつかがっつりお金をもらえるぐらいの人間になる為に
「今だけ」お金をもらわずにやっているだけです。

「好きだからお金をもらえなくてもやりたい」

そう言えるものに出会えることは素敵なことですが、誰しもが出来ることではありません。

ですので、「好き」に立派さを求めるのはやめましょう。
無理に立派なものを求めると、自分の本音に出会いづらくなります。

僕はエンジニアの仕事が好きです。
この仕事に出会えて本当に良かったと思っています。

でも最初は好きかどうかなんて考えている余裕はありませんでした。
とにかく大変で貧乏から脱出するべく必死だったので。

そして、僕がいくらエンジニアの仕事が好きだからと言っても
お金をもらえないならやりません。

でも好きです。でもお金をもらえないならやりません。
それでいいのではないでしょうか?

「好き」はエンジニアとして働く理由の1つです。

でも全てではありません。

誰かに褒められる為に働いているわけではないので、立派な意味はいりません。

立派なことではなくても、
何となくでも自分に好きな部分があるから今の仕事をしているんですよね?

③お金持ちになった状態をリアルに想像する

たまに「宝くじで三億円あてたら会社を辞めて遊んで暮らす」的な話に出会いますが、
本当にそうでしょうか?

一度リアルに想像してみてください。

あなたは宝くじで3億円当たりました。

パチパチパチ!
おめでとうございます!

さて、あなたはこれからの人生で一切働く必要がなくなりました。

何をして残りの人生を過ごしますか?

・・・

・・・

・・・

さて、あなたの答えは何でしょうか?

ちなみに僕は確実に働きます。

しばらくは旅行に行ったり、遊んだり、好き勝手に過ごすでしょうが、
まあ1年もしないうちに働くでしょうね。

「自由」って単純に良いものでもないんですよね。

自由の例としては微妙かもしれませんが、僕はサラリーマン時代、
適応障害の診断を受けて3ヶ月間休職したことがあります。

会社にいない時は特に具合が悪くなるわけではないので、
無理をしない程度に遊びにも行きましたし、テレビ見たり、ジョギングしたり、
友達とも会って、まあそれなりに自由な3ヶ月を過ごしました。

単純に時間が使い放題になっても、
特に気持ちが豊かになるわけではないんだなと思いました。

「今から3カ月のお休みをとってもいいですよ!収入は途切れません。」

今こんなことを言われたら、僕はゾッとするでしょう。

そんな退屈な生活に耐えられるだろうか?

もちろんやることはあります。

家族で出かけたり、子供と遊んだり、勉強したり、ブログ書いたり、
旅行に行ったり、トレーニングしたり、友達と会ったり、セミナーに行ったり、、、、

でも僕はきっと「退屈」だと思ってしまう気がする。

僕はやっぱり
「人とあーだこーだやりながら物を作っていくこと」が好きなんです。

もし僕が一生使い切れないほどのお金を手にしたらどうか?

今まで通り働くか、自分のビジネスするかわかりませんが、
どちらにしてもエンジニアの仕事は続けるでしょう。

結局、時間やお金があってもやることは変わらないでしょうな。

だから働くにはやっぱり意味があるんです。
生活の為にだけに働いているわけではないんです。

昔は、大金を手にすれば多くの苦しみから解放されて
夢のような毎日が来るように思っていた頃もありました。

でも人生はそんな単純な話ではないんですよね。

あなたもリアルに考えてみて下さい。

大金を手にしたら、本当に一生遊び続けますか?

④今までの経験が無かった場合の自分を考える

働く理由を考えるヒントの最後は「今までを振り返る」ことです。

良い思い出、悪い思い出、色々あると思いますが、振り返ってみましょう。

そしてその思い出が全てなかったら、今どんな自分になっているだろう?と考えます。

今までの思い出を振り返った時、働くことの意味がわかってきます。

  • 「働いてなかったら、ここまで成長してないな~」
  • 「働いてなかったら、あの人との出会いはなかったな」
  • 「働いてなかったら、あの達成感は味わえなかっただろうな」

働いてなければ経験せずに済んだ嫌な思い出もたくさんあるでしょう。

でも、僕の場合、嫌な出来事にたくさん巻き込まれたおかげで、
確実にリスク対応能力は高まりました。

また、人を見る眼は確実によくなりましたし、リスクのアンテナも精度がよくなりました。

何かトラブルがあっても「まあ、よくあることだな」とうろたえなくなりました。

こういった成長は嫌なことを経験しなければできなかったことだと思うので、
(できれば嫌なことには出会いたくありませんが)意味はあったのです。

あなたはどうでしょうか?

色んな経験を通してあなたという人間の厚みは増しましたか?

3.結局、何のために働いているのか?

以上、4つのヒントをご紹介しましたが、
そのポイントから掘り下げていくと僕にとっての働く意味はこんな感じになります。

僕にとっての働く意味は

  • 人との関わりが欲しい
  • 刺激が欲しい
  • 家族を養うため
  • 単純に好きだから
  • 自己成長のため
  • 誰かと物を作り上げる喜びを感じたいから
です。

特に人との関わりや刺激が大きいです。
まあ寂しがり屋で、かつ退屈に耐えられないってことでしょう(笑)

だから今もリモートで在宅作業がしたいとは全く思いません。

やはり人と関わり、みんなであーだこーだやって物を作り上げることが好き。

もちろん人と関わればストレスを感じることもあります。
仕事がうまくいかないこともあります。
想定外のトラブルに巻き込まれることもあります。

エンジニアなんてそんなことばっかりですよね(笑)

でもやっぱり人と関わっていたいし、退屈は嫌い。
だからストレスがあっても人と関わりながらものを作っていきたいと思っています。

さて、あなたはなぜ働くのでしょうか?

まとめ

働く意味を見つける為のポイント

  1. 「生活のために」を否定しない
  2. 立派な「好き」を求めない
  3. お金持ちになった状態をリアルに想像する
  4. 今までの経験が無かった場合の自分を考える

1つ1つあなた自身に問いかけながら、振り返ってみて頂ければと思います。
あなたの働く意味が少しでも明確になれば嬉しいです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください