「モチベーションを高める方法」を探す前に振り返るべき2つのこと

日々の開発、お疲れ様です!
フリーランスエンジニアのサカイです。

「なかなかモチベーションが上がらない・・・。」

こんな悩みを持つ人は多いと思います。僕自身もそうでした。

そういう時って「どうやってモチベーションを高めようか?」
という方向に意識が向きがちですが、
実は、その前に考えなくてはいけないことが2つあります。

モチベーションを高める方法を探す前に、
今回ご紹介する2つのことについて一度振り返って頂ければと思います。

1.なぜモチベーションが必要なの?


まず大前提として、振り返らなくてはいけないことがあります。

「ユダヤ人大富豪の教え」の本田健さん曰く、
「やる気を出さないといけないようなことは、やってはいけない」とおっしゃっています。

本田健さんが教える「やる気の法則」

モチベーションが必要だということは、
その時点で「やりたくない」ってことですよね?

「今やろうとしていることは、本当にやらなくてはいけないのか?」
ってことを、一度疑う必要があります。

世の中には「やりたくないけど、やらなくてはいけないこと」があります。

でも結構、「実はやらなくてもよいこと」をやろうとしている場合が多いんです。

知らず知らずのうちにハマってしまっているこのトラップに
一度、気づく必要があります。

その上で「本当にやる必要があるのか」「本当にやりたいのか」
このポイントで日々のタスクを構築し直すことが大切です。

究極、全てがやりたいことだらけになれば、
モチベーションなんて必要なくなりますから。

例えば、、、

  • 趣味をモチベーション上げてやることはありませんよね?
  • 好きな人とのデートは、頼まれなくても張り切って準備しますよね?
  • すごく買いたいものがあったら、節約しますよね?

勝手にやってしまうほど、やりたいことだけやることが、
一番成果の上がる方法です。

なので、まず初めにやるべきは、自分が抱えているタスクを疑うことです。
「それ本当にやらなきゃいけないの?」って。

僕自身はよくタスクの整理をする時、
マスト(しなければならない)か、ウォント(したい)かを、自分に問いかけます。

「それは本当にしたいことなのか?」という質問は
本当に頻繁に自分に問いかけます。

ちゃんと意識していないと、
ついついマストなことをしてしまいがちなんですよね。
僕達は学校でそう育てられてきたから。

だから、ことある毎に問いかけるんです。

「それは本当にしたいことなのか?」

僕は39歳にしてやっと、好きなことだらけの生活になりました。
いまの生活にモチベーションは必要ありません。
全てがやりたくて仕方がないのですから。

それは何度も何度も問いかけて、
好きなこと以外を排除していった結果です。

あとはフリーランスになったことが大きいですね。

サラリーマンって、毎日毎日マストを投げつけられますからね。

毎日マストで埋め尽くされている状態・・・。
だからストレスだらけなんですよ。

ウォントで埋め尽くされている生活。
マストで埋め尽くされている生活。
ストレス全然違いますよね。充実感あるし。

サラリーマンの時には会社から命じられた案件しか選択肢がありません。
希望を出して通ることはあるでしょうが、頻繁にあるわけではないですよね。

フリーランスは数ある案件の中から、
自分に合った条件や内容の案件を選べます。

だからモチベーションなくても頑張れる。
もし自分にあっていなかったら、案件を変えることだってできるわけです。

それにフリーランスはやり方についても
上司や先輩からあーだこーだ口出しされないですよね。
自分で戦略立てて自分で実行する。だからやる気なんて必要ない。

  • ウォント以外の排除を徹底した
  • フリーランスになった

このことがモチベーションが不要になったポイントです。

なので、モチベーションを上げる前に、
この状態を作ってしまう方が早いと思います。

ではもう1つ、もう少し実践的な内容をご紹介しますね。

2.アウトカム


「アウトカム」という言葉をご存知ですか?

ビジネスだと「成果、結果」なんていう意味合いで使われることが多いと思いますが、
個人で見た時には少し意味が変わります。

エグゼクティブコーチの秋山ジョー賢司さんによると、以下の意味になります。

「目標に達成するまでのプロセスとか、
そこに行き着くまでの気持ち、達成した時の気持ちまで含めたもの」

秋山ジョー賢司さん「アウトカムとは?」

アウトカムとは

体重1kgやせるが目標だとすると、以下もアウトカムに含まれます。

  • 痩せるのにどんな気持ちでトレーニングして、
  • 痩せた時にどんな気持ちになっていて、
  • 痩せた後にどんなことをしたいのか?

禁煙、ダイエット、資格、英語などが継続できないのは、
アウトカムがしっかり設定されていないからです。

「何となくやった方がいいよな~」ぐらいの設定になっているから、
やる気は起きません。

起きるはずがありません。

例えば「同窓会までに5キロやせて、みんなを驚かせる!}
というアウトカムを持っていると、
「みんなが驚いているイメージ」が自分の中に入ってきます。

みんなに驚かれて、、、
自分はいい気分になっていて、、、
昔憧れていた人から声かけられて、、、

こんなイメージが自分に入ってくると、
もう頭の中で実現し始めているので、自然と行動に向かっていくわけです。

アウトカムは、プロセスを選ぶ基準としても役立ちます。

例えば、先ほどの同窓会の例ですと、
チヤホヤされるのが目標なら、体重だけが落ちて
やつれたような痩せ方はアウトカムにあっていません。

チヤホヤされるどころか、
「なんか、やつれてるね、大丈夫?」と心配されてしまいます。

アウトカムから考えれば、
健康的に痩せる方法を選択する必要がありますから。

このアウトカムを日々更新していってみて下さい。
カーナビの目的地を設定するようなものなので、
アウトカム設定がちゃんとできれば、モチベーションなんて必要なくなります。

まとめ

  • モチベーションが必要ない状態を作る
  • アウトカム設定をする

モチベーションについて突き詰めていくと、
「いかにウォントで埋め尽くされた自分らしい人生を送るか?」
につながってきます。

ウォントを突き通すってそれなりの覚悟がいることですが、
とても充実した毎日を送れるようになりますよ!

今回の内容を参考に、振り返ってみて頂けたら嬉しいです(^^)

それでは、快適なエンジニアライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください