フリーランスエンジニアがモチベーションを維持する為に重要なポイント

日々の開発、お疲れ様です!フリーランスエンジニアのサカイです。

フリーランスにとって、モチベーション維持はとても重要な要素です。

フリーランスって、基本的には1人ですからね。。サラリーマンのように上司がフォローしてくれるわけではありませんし、刺激をくれる同僚がいるわけでもありません。

確かに仕事には納期がありますし、業務委託であれば客先で日々の業務は管理されるので、最低限の仕事はできるかもしれません。

でも最低限の仕事しかせず、大した努力をしないフリーランスエンジニアがいつまで生き残れるかはわかりません。顧客の要望に応えられないようになってしまうとそれまでですから。。

フリーランスは仕事や勉強について自分で決める自由があるというメリットがある反面、
自己管理ができない人は堕落していく可能性もあるんですよね。ですので自分で一定のモチベーションを保ちながら仕事や勉強をし、自分の価値を高め続ける必要があります。

ではフリーランスエンジニアはどのようにしてモチベーションを維持していけば良いのでしょうか?

今回は僕が今までの経験で役に立った以下のポイントをシェアしたいと思います。

  1. モチベーションを維持する上で一番大切なマインド
  2. 自分の軸の作り方
  3. モチベーションの波への対処法
【この記事を書いている人】
フリーランスエンジニアのサカイと申します。エンジニア歴は12年です。
サラリーマンとしてエンジニアを8年ほど経験した後、フリーランスとして独立し、4年ほど経ちました。

1.モチベーションを維持する上で一番大切なマインド

まずはフリーランスがモチベーションを維持する上で一番大切なマインドからお伝えします。

もしかしたらあなたは「日々のモチベーションをコントールする方法」を探しているかもしれません。ですが、ベースとなるマインドに問題があると、ちょっとしたテクニックをいくら見つけても時間の無駄に終わるでしょう。根本がズレているのですから。

ですので、まずはマインドの部分からお話ししたいと思います。

いきなり大事なことを伝えます。

そもそもやる気の出ないことをやってはいけません。

モチベーションが必要だということは、その時点で「やりたくない」ってことですよね?そして今やっていることを「やりたくない」のであれば、案件、タスク、勉強の選択を間違えている可能性があります。

フリーランスは選択を自由にできる反面、誰も選択の間違いを指摘してくれないので自分で見直さないといけません。

フリーランスとサラリーマンの違いは「選択の自由」にあります。

例えばサラリーマンって、以下のような制約がありますよね?

  • 案件を自由に選べない
  • 評価される資格が決まっている
  • 副業禁止

もちろん会社によって制約や自由度は違うでしょう。
しかしサラリーマンはフリーランスほどの自由はありません。

サラリーマンは会社から命じられた案件しか選択肢がありません。
異動の希望を出して通ることはあるでしょうが、頻繁にチャンスがあるわけではないですよね。

勉強については強制はされなくても、昇進する為に必須の資格があったり、上司から遠回しに勉強を促されるようなこともあります。

副業についてはコロナの影響もあって副業OKの会社も増えてきたようですが、まだまだ副業禁止の会社もありますよね。

一方、フリーランスにはサラリーマンのような制約はありません。

案件は自分の参画したい案件を選べますし(エージェントに登録することが前提です)、何を勉強するかは自分の自由ですし、複数のビジネスをやっても、顧客との契約に反していなければ問題ありません。

フリーランスは自由に選択できるのです。選択できるのにモチベーションが上がらないということは、そもそもの案件や勉強の選択を間違えている可能性があります。

ですので「今やっていることは、本当にやらなくてはいけないのか?」と、
自分の選択を疑ってみましょう。

確かにどうしたって「やりたくないけど、やらなくてはいけないこと」はありますし、完全に排除することはできません。そして好きな仕事でも、やる気の出ない日だってあるでしょう(日々のモチベーション維持については後で説明しますね)。

でもそもそも「本当はやらなくていいこと」をやっている可能性があるなら、自分の方向性を見直した方が良いです。

振り返ってみると結構、「実はやらなくてもよいこと」をやっている場合が多いんですよね。。。

知らず知らずのうちにハマってしまっているこのトラップに気づかなくてはいけません。

その上で「本当にやりたいこと」「本当にやる必要があること」を整理し、
案件、タスク、勉強する項目を再設定することをオススメします。

究極、全てがやりたいことだらけになれば、モチベーションなんて必要なくなりますから。

例えば、、、

  • 趣味をモチベーション上げてやることはありませんよね?
  • 好きな人とのデートは、頼まれなくても張り切って準備しますよね?
  • すごく買いたいものがあったら、節約しますよね?

「勝手にやってしまうほど、やりたいこと」だけをやることが、一番成果の上がる方法です。

なので、まず初めにやるべきは、今の案件、日々のタスク、勉強している内容を疑うことです。
「それ本当にやらなきゃいけないの?」って。

僕自身はよくタスクの整理をする時、
マスト(しなければならない)か、ウォント(したい)かを、自分に問いかけます。

「それは本当にしたいことなのか?」という質問は、本当に頻繁に自分に問いかけます。

ちゃんと意識していないと、ついついマストなことをしてしまいがちなんですよね。。
僕達は学校でそういうマインドを植え付けられてきましたから。

だから、何度も何度も問いかけるんです。

「それは本当にしたいことなのか?」

僕は39歳の頃、やっと好きなことだらけの生活になりました。

それは何度も何度も問いかけて、好きなこと以外を排除していった結果です。ウォント以外の排除を徹底すれば「どうすればモチベーションを維持できるか?」なんて悩む必要がなくなります。

ですので、もしあなたがモチベーションの維持で悩んでいるのであれば、
「自分の方向性が本当に今のままで良いのか?」疑った方が良いです。

サラリーマンの場合、毎日毎日マストを投げつけられるので自分のウォントだらけにするのは困難です。毎日マストなことで埋め尽くされている状態・・・。だからストレスだらけになるし、モチベーションを上げるにもなかなか厳しいわけです。

でもフリーランスは自分次第で生活をウォントだらけにすることが可能です。

ウォントで埋め尽くされている生活。マストで埋め尽くされている生活。
ストレス全然違いますよね。充実感あるし。

フリーランスは数ある案件の中から、自分に合った条件や内容の案件を選べます。

だからモチベーションなくても頑張れます。もし今の案件にモチベーションを感じられなくなれば、案件を変えることだってできるわけです。

それにフリーランスはやり方についても上司や先輩からあーだこーだ口出しされないですよね。
自分で戦略立てて自分で実行する。だからやる気なんて必要ない。

せっかくフリーランスになったのですから、マストで溢れているような生活はやめましょう。マストだらけであればサラリーマンに戻った方が良いです。

フリーランスは「やる気の出ることで自分の人生を埋め尽くす」ことができる生き方です。

大げさに感じるかもしれませんが、まずは自分の人生設計から見直すことをオススメします。人生の方向性が日々のモチベーションにつながってきますので。

ちなみに僕は「やる気の出ることで埋め尽くす」という考え方を本田健さんから教わりました。
参考までに本田健さんがやる気の法則について説明されている動画をご紹介しますね。

「本田健さんが教える「やる気の法則」」

2.自分の軸の作り方

「アウトカム」という言葉をご存知ですか?

ビジネスだと「成果、結果」なんていう意味合いで使われることが多いと思いますが、
個人で見た時には少し意味が変わります。

エグゼクティブコーチの秋山ジョー賢司さんによると、以下の意味になります。

「目標に達成するまでのプロセスとか、
そこに行き着くまでの気持ち、達成した時の気持ちまで含めたもの」

秋山ジョー賢司さん「アウトカムとは?」
PODCAST「秋山ジョー賢司の自分の可能性を解放するセルフコーチング」

アウトカムをしっかり設定することで自分の軸ができ、モチベーション維持につながります。

ちなみにアウトカム設定とは、単純な目標設定ではありません。

体重1kgやせるが目標だとすると、以下もアウトカムに含まれます。

  • 痩せるまでどんな気持ちでトレーニングして、
  • 痩せた時にどんな気持ちになっていて、
  • 痩せた後にどんなことをしたいのか?

禁煙、ダイエット、資格、英語などが継続できないのは、
上記のようなことまで含めたアウトカムがしっかり設定されていないからです。

「何となくやった方がいいよな~」ぐらいの設定になっていると、やる気は起きません。

起きるはずがありません。

例えば「同窓会までに5キロやせて、みんなを驚かせる!」というアウトカムを持っていると、
「みんなが驚いているイメージ」が自分の中に入ってきます。

みんなに驚かれて、、、
自分はいい気分になっていて、、、
昔憧れていた人から声かけられて、、、

こんなイメージが自分に入ってくると、
もう頭の中で実現し始めているので、自然と行動に向かっていくわけです。

このアウトカムを定期的に見直して、常に自分の気持ちに合った内容に設定しておくとモチベーションが高い状態をキープできます。

アウトカム設定は、自分という車のカーナビの目的地を設定するようなものなので、
アウトカム設定がちゃんとできれば、モチベーションなんて必要なくなります。

ですのでアウトカムの日々の更新を是非やってみてもらえたらと思います。

アウトカムについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、参考にしてみて下さい。

人生を左右する「アウトカム」とは何か?

2018年4月29日

3.モチベーションの波への対処法

「ウォントで埋め尽くす」「アウトカムを設定する」をやったとしても日々モチベーションの波が起きることはあります。

そこでモチベーションの波が起きた時の対応について、3つポイントをご紹介しますね。

①アウトカムを見直す

モチベーションが揺らいでいる時、真っ先に見直すべきは「アウトカムの設定」です。

アウトカムって、振り返ってみると「自分で明確にしたつもり」になっているだけで、実は明確になっていない場合があるんですよね。。

例えば英語やAIって「漠然と勉強した方が良いと思うのもの」の代表例だと思いますが、
漠然とした気持ちのままではモチベーションは揺らぎます。

以下は英語を例にした自分への問いかけですが、以下の質問に答えられますか?
(英語を「あなたが身につけたいスキル」に置き換えて考えてみて下さい)

  • どのスキル(リスニング、リーディング、、)を身につけたい?
  • どのくらいのレベルで身につけたい?
  • 何に使うために英語スキルを上げたいの?
  • 英語スキルを上げたあなたの職場でのイメージは?
  • 英語スキルを上げたあなたはどんな気分で仕事をしている?
  • 英語をマスターするまでにどんな道のりで進みたい?
  • どんな気分で英語を勉強したい?

答えられない場合、改めてあなたのアウトカムについて見直してみましょう。

もし本当にあなたが心から望むアウトカムを設定できれば、わざわざモチベーションを上げようとしなくても自然とやりたくなるはずです。

②やりたいことが複数ある場合

自分のやりたいことは必ずしも1つとは限りません。
そして「一番やりたいこと」は日によって変化していくものです。

やりたいことが日によって変化していく時にはどうすればいいでしょうか?

僕は「その時の自分の気持ちに100%合わせる」ようにしています。理由は「モチベーションが高いことをした方が成果を出しやすいから」です。

例えば僕のやりたいことは以下の3つです。どれも僕のウォントです。

  • 仕事に関連する勉強
  • 英語の勉強
  • ブログを書く

僕の場合、日によって英語の勉強を無性にしたくなってブログを書く気がしない時もあれば、
ブログを無性に書きたくなって、英語の勉強は気が乗らない時もあります。

そんな時は、「その時にやりたいと思っていること」をそのまま選択するようにしています。

仕事に関する勉強をしたい時は勉強する、、、
英語の勉強をしたい時は英語の勉強をする、、、
ブログを書きたい時はブログを書く、、、

無計画のようでもありますが、常に「その時一番モチベーションの高いこと」を選択しているので、気持ちは充実していますし、成果も出やすいです。また、あくまで「自分で厳選したウォント」の中での変化なのであれこれと力が分散するわけでも無いんですよね。

毎日キッチリとルーティンを決める方法も良いとは思いますが、かっちり決めすぎて苦しくなるぐらいなら自分の気持ちに逆らわずに動いた方が良いと思いますよ。

③休む

ここまででご紹介したことを全てやっても、
実はまだモチベーションが低下するタイミングはあります。

僕の場合、以下に該当する場合です。

  • 単純に疲れている、、、
  • 寝不足で頭が働かない、、、
  • なんか気分が優れない、、、

上記のような場合は、逆に積極的に休んでしまった方が効果的です。無理にモチベーションを上げようとしても大して効果がありませんし、それどころかモチベーションを上げられないことで自己嫌悪に陥る危険もあります。

ですのでしっかり休んでしまうのです。

オススメの休息法は、以下のように頭がスッキリする方法です。

  • 30分以内の昼寝(長いと逆効果)
  • マインドフルネス
  • ストレッチ
  • トレーニング
  • (休日なら)マッサージに行く

ポイントは「休んでしまった、、」と罪悪感を感じず、「ポジティブな気持ちで休む」ことです。
実際、モチベーションの低い状態でダラダラ続けるよりスッキリした気持ちでやった方が生産性は上がるので、こじつけではありません。堂々と休みましょう!

まとめ

フリーランスエンジニアがモチベーションを維持する為のポイント

  • 案件、タスク、勉強内容をウォントで選択する
  • アウトカム設定し、定期的に内容を見直す
モチベーションの波への対処法

  1. アウトカムを見直す
  2. やりたいことが複数ある場合は気持ちに従う
  3. 休む

モチベーションについて突き詰めていくと、
「いかにウォントで埋め尽くされた自分らしい人生を送るか?」につながってきます。

ウォントを突き通すってそれなりの覚悟がいることですが、
とても充実した毎日を送れるようになりますよ!

勉強のやる気を継続させるポイントについてはこちらの記事でガッツリ書いていますので、
是非参考にして下さい。

勉強のやる気が出ない社会人の為の勉強継続法

2018年5月26日

それでは、快適なフリーランスライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください