残業と家族との時間はどちらが大事でしょうか?

日々の開発、お疲れ様です!
フリーランスエンジニアのサカイです。

先日、サラリーマンSEの友達と会った時に
「家族と過ごす時間」について、
今の僕との違いを感じたので、シェアさせて頂きます。

平日に子供と過ごしている?

先日サラリーマンの友達と会った時、こんな会話になりました。

友人
いつも仕事から帰ったら何する?
まあ、子供を風呂に入れたり~・・・
友人
えっ!子供が起きてる時間に家に帰れるの?
(たしかにサラリーマン時代は、子供の寝顔しか見ない日が多かったな・・・)
 
僕はフリーランスになってから、家に帰って、
娘と遊んだり、お風呂に入ったりできるようになりました。

ちょっとした事ですが、サラリーマン時代にはできなかった事なんですね。
僕的には大きな変化です。

世の中には、

  • サラリーマンだって定時に帰っている人は、たくさんいるでしょう。
  • フリーランスだって残業している人も、たくさんいるでしょう。
でもフリーランスの方が、帰りやすい業務形態という事は確かです。
  • 余計な業務や付き合いはありません。
  • 社内行事に休日が潰れる事もありません。
  • 上司の顔色伺うサービス残業もありません。
  • 参画する前に負荷状況は確認できるので、負荷の高い案件は避けられます。

・・・
・・・
・・・

そんな事を思っていたら、ふと
サラリーマン時代に出会ったこんな話を思い出しました。

とあるサラリーマンの父親は、いつものように仕事が遅くなり
クタクタになって家に帰ってきました。

すると、いつもは寝ているはずの
5歳の娘がドアの所で待っていたのです。

父親
「まだ起きていたのか?もう遅いから寝なさい。」


「パパ、寝る前に聞きたいことがあるんだけど・・・」

父親
「なんだ?」


「パパの時給はいくらなの?」

父親
「なんでそんな事聞くんだ!?」


「どうしても、知りたいだけなの。1時間いくらなの?」

父親
「多分2000円くらいだな・・・。そんなに稼ぎはよくないから」


「じゃあパパ、1000円だけ貸してくれない?」

疲れていた父親は、ついに娘を怒鳴りつけた。

父親
「何を言ってるんだ!!!
俺はおまえの為に、どんだけ必死に働いてると思ってるんだ!
わがままを言うんじゃない!早く寝なさい!」

娘は黙って自分の部屋に行った。

しばらくして父親は後悔し始めた。

父親
「少し言い過ぎたか。
普段そんな事を言わないあの子が、
今回はどうしても買わなければいけないものがあったのだろう。」

娘の部屋に行く父親。

父親「・・・もう、寝たかい?」

娘「うぅん、起きてる。」

娘は少し泣いているようだった。

父親
「もう寝たかい?さっきはきつく言ってゴメンな、
ほらこの1000円で好きなもの買っていいよ」

彼女は潤んだ目で枕の下から
貯めていたお小遣いの小銭1000円分を出してこう言った

「パパありがとう、2000円になったよ!
これでパパの1時間を買えるよね?」

父親は今まで娘に寂しい思いをさせていた事を知り、深く反省した。
そして、彼女を強く抱きしめた。

翌日、仕事を休んで丸一日娘と遊んだという。

作者より:
がむしゃらに働き続けているあなたへ。
時間は私たちの指の隙間からこぼれ落ちていきます。

愛する人との時間は100ドルで買えますか?

あなたがもし明日死んでも、会社には代わりになる人がいます。

でも、家族や友人は、
残りの人生を「あなたを失った悲しみ」と共に生きる事になるでしょう。
その事を思えば、もっと家族との時間を大事にできるかも知れませんね。

僕は娘にこんな思いをさせたくない。
なので、サラリーマンに戻る可能性はゼロパーセントです。

大人になってからの一年、二年なんて、
何かをやり残しても その気になれば何でも、取り戻せます。

でも、今この歳の娘との時間は、取り戻せない。
タイムマシンでもできない限り。

だから今という時間がすごく大切。

そのうち反抗期になって、
父親がウザくなってくるかもしれないけど、
それまではできるだけ娘との時間を作ろうと思っています。

少なくともエピソードのような思いはさせたくない。

本田健さんは、子供が生まれた時にセミリタイアしました。

僕はずっとその事に憧れを持っていて、
「自分も子供ができたらセミリタイアだ~!」って思っていました。

まあ、そこまでの富は築けなかったので、できなかったですが、、。

でもフリーランスになった事で、家族との時間を持てるようになったので、
大切な事を失わずにすみました。

家族との時間を増やすために、
収入を減らしてでも転職する人もいます。

その気持ち自体は素敵だと思いますが、
収入を犠牲にしたら、それはそれで家族に迷惑かけることになるので、
僕はやりたいくないです。

どちらにしても、奥さんに反対されると思いますけどね(^^;)

フリーランスは子供との時間もとれるし、収入を犠牲にしない

高い収入も得つつ、家族との時間も犠牲にしない。
それを実現できるのがフリーランスエンジニアです。

もしあなたが、お子さんのいる残業続きのサラリーマンSE、プログラマであるなら、
フリーランスという道も考えてみてはいかがでしょうか?

それでは、快適なエンジニアライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください