ストレス解消に食べておきたい食べ物3つ

こんにちは、フリーランスエンジニアのサカイです。

今回は「ストレス解消に食べておきたい食べ物」についてご紹介します。

仕事のストレスは日々溜まり続けるものです。

ストレスが溜まり過ぎない為には
「ストレスが溜まりづらい習慣」を持つことがとても重要です。

そして、その習慣の中でも特に重要なのが食事です!

自分の心身は日々の食事によって作られていますので、
今回の内容を参考に見直して頂ければと思います。

1.ビタミンCを含む食べ物


ビタミンCは「ストレスから体を守るホルモン」を作るのに使われています。

このホルモンを作っているのは、「副腎」と言われる臓器です。

ストレスが加わると、
副腎がビタミンCを使って抗ストレスホルモンを作ります。

ですので、ビタミンCを常に補充しておかないと
抗ストレスホルモンが作られず、ストレスに弱くなってしまいます。

ストレス解消において、
ビタミンCは常に不足しないように注意するべき栄養素なのです。

1つ注意するポイントとしては、
ビタミンCは一度にたくさん摂取しても、体にストックすることができません。
取り過ぎると、体外に排出されてしまいます。

またビタミンCは大量に摂取すると、お腹がゆるくなります。

ですので、毎日の食事の中で意識的にビタミンCを含む食べ物を
摂取するようにしましょう。

くすりの健康日本堂さんの
「ビタミンCが多い食べ物・食品ランキング TOP100」によると、

  • アセロラ 酸味種 生(1位)
  • 青汁(2位)
  • パセリ(3位)
  • グァバ 赤肉種 生(6位)
など、普段の食事では摂取しずらいものが上位ですが、

25位以内に入っている

  • せん茶(5位)
  • 焼きのり(8位)
  • 味付けのり(10位)
  • ほしのり(12位)
  • とうがらし(20位)
  • ブロッコリー(22位)
  • しょうが(22位)
は、取り入れやすいと思います。

ただ、これは「食材100gあたりのビタミンC含有量」なので、
単純に比較できるものではありません。

のり、とうがらし、しょうがは意識して取り入れるぐらいで、
ブロッコリーなどの食べ物から摂取するのが効果的でしょう。

その他

  • トマピー 生(9位)
  • 赤ピーマン 油いため(11位)
  • 赤ピーマン 生(12位)
は、なかなか普段の食事では出会いづらいですが、
取り入れらるのであれば良いですね。

取り入れやすい青ピーマンは、41位です。

赤ピーマンに比べると
100gあたりのビタミンC含有量が半分ほどになってしまいますが、
ビタミンCが少ないわけではないですし、
続けやすい方が重要なので、積極的に摂取することをおススメします。

2.ビタミンBを含む食べ物


ビタミンBにはやる気と集中力を高めるという効果があります。
また、イライラや疲労感を、軽減する効果もあります。

ビタミンBが多く含まれる栄養ドリンクを飲んで
やる気が出たり疲れがとれたことありませんか?

こちらも小まめに摂取することで、
安定した精神状態をキープできるので、おススメです。

ビタミンB1が多い食べ物・食品ランキング TOP100を見てみると、
パン酵母や米ぬか等の他は、圧倒的に豚肉類が上位を独占していますね。

「疲労回復には豚肉」は、結構有名になってきましたね。

もう1つ注目したいのは「ほしのり(13位)」です。
ビタミンCでも上位だったので、一石二鳥的な食材なのです。

ビタミンB2が多い食べ物・食品ランキング TOP100を見てみると、
これまた豚肉とのり系は上位ですね。

ストレス解消に豚肉のりは、
取り入れやすく効果的な食べ物なのです。

ちなみに、ビタミンCと共通しますが、
僕はサプリである程度は補填しています。

毎日毎日食べ物から摂取しようとするのは大変なので、
サプリも使い分けながら摂取する方が続けやすいです。

お金はかかりますが、
ビタミンの摂取について色々と考えることがストレスになるぐらいなら、
サプリや青汁などで摂取した方が気持ち的に楽ですよ。

ストレス解消の為にやることで、ストレスを感じるっておかしいですから。

1つ注意点ですが、
市販の安いサプリは石油からできているらしいので、
コンビニなどで売られている数百円程度のサプリは意味が無いでしょう。

摂取する場合は、一度お医者さんに相談するのがベストです。

それから、「ビタミン1000mg配合!」みたいなお菓子はNGです!
後ほどご紹介しますが、糖分はストレスの大敵だからです。

3.カレー


脳科学者の茂木先生の研究の結果、
「カレーはストレスに良い」ということがわかったそうです。

カレーを食べるとストレスが減る!? -カレー再発見フォーラム

厳密に言うと「カレーのスパイス」がストレスに良いということです。
ですので、ちゃんとスパイスの入った本格的なカレーの方が効果があります。

またスパイスの方に効果が期待できるので、
カレーじゃなくても良いということになります。

僕はマイターメリックを持って、
味にあまり影響が出ない食べ物には、ターメリックをかけて食べています。

カレーはストレス軽減の他にも
モチベーション維持、疲労軽減にも効果があることが判明
したようです。
(インドの方がいつも元気なのは、ターメリックのおかげなのかな?)

カレーは日本人に慣れ親しまれた食べ物ですので、
とても取り入れやすいですよね。

NGな食べ物:甘い物


もし、「イライラした時に、甘い物をとっている」
というのであれば、今すぐやめましょう。

糖分を取り過ぎると、副腎の機能を低下させます。
副腎は、先ほどお話した抗ストレスホルモンを作る臓器です。

副腎の機能が低下するということは、
糖分を取り過ぎると、どんどんストレスに弱い身体になってしまうということです。
砂糖は、うつ病発症に関連しているとも言われています。

しかもやっかいなことに、砂糖は中毒性のある食べ物です。
習慣になるとなかなかやめられません。
既に中毒になっている場合、今すぐ断つことをおススメします。

最初の1週間はツラいと思いますが、
断たないことによる精神疾患のリスクをよく考えて、頑張って断ちましょう。

まとめ

ストレス解消に良い食べ物

  1. ビタミンCを含む食べ物
  2. ビタミンBを含む食べ物
  3. カレー(ターメリック)
ストレス解消にNGな食べ物

  1. 甘いもの

続けることが大切なので、取り入れやすい食べ物を選んでやってみて下さいね。
ストレスを美味しく解消して、乗り切っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください