フリーランスエンジニアにとっての資格の必要性は?

こんにちは!フリーランスエンジニアのサカイです。

今回は、フリーランスエンジニアにとっての資格の必要性について、
僕が今までの経験から得たことをシェアします。

今回の結論のもとになっている経験としては、以下の2つがもとになっています。

  • フリーランスとして面談をうけた経験
  • サラリーマン時代に面談する側の人間だった経験

僕がサラリーマンの管理職だった時は、面談する側にいました。

採用の最終的な結論を出すような権限はありませんでしたが、
意見が反映されるぐらいのポジションではありました。
そして正社員だけでなく、フリーランスの方も対象にはあったわけです。

また、自分がフリーランスになってから色々と面談をうけましたので、
その時の経験も一緒に今回はシェアさせて頂きます。

1.フリーランスの資格必要性


結論から言いますと、
「面談の確度を上げることが目的なら、資格は意味ない」です。

フリーランスの面談では、主に以下の2つについて聞かれます。

  • 「あなたは何ができる人ですか?」
  • 「あなたは今まで何をやってきましたか?」

ほぼ実績、経験を聞かれます。

面談する側の人はだいたいが経験のあるマネジメントの方なので、
「高学歴、資格取得は、必ずしも仕事の出来に直結しない」
ということをわかっています。

高学歴だったり、すごい資格を持っている人が
仕事に対応できないということは珍しくありません。

ですので、資格取得者に過度な期待はかけません。

ただ「正社員の採用」になると、
資格取得者に対する見方が少し変わってくるんですよね。

社員の場合は、今後の伸びしろも含めて判断しますので、
資格取得は結構ポイントになったりします。

  • 知識の下地はあるんだな。
  • 計画的な努力ができるんだな。
  • 真面目なんだな。

もちろん資格はあくまで一要素にすぎないので、
それだけで判断することはありませんが、
フリーランスに比べると取得するメリットは大きいと思います。

フリーランスの場合、資格取得していることでマイナスにはならないと思いますが、
大したプラスにもなりません。

「取得してるんですね~。ふ~ん、でっ、何ができるんですか?」

フリーランスは「即戦力として期待されている」ので、
資格は実力を証明する材料として弱いんですよね。

ちなみに僕は一度だけ資格取得を聞かれたことがあります。
「プロジェクトマネジャー」です。

私は取得していませんが、その時の案件はNGになりませんでした。
まあ、話の流れで聞かれたというぐらいでしたので。

フリーランスの場合、経験以外で自分の実力をアピールするなら、
自分でアプリやWebサービス作ったり、ソースコードをGitHubにアップしたりと、
より実践的な実力をアピールできる方法があります。

資格取得より自分の作品(ポートフォリオなんて言ったりします)を
作っておいた方が、時間の費用対効果は高いでしょう。

2.じゃあ資格勉強は意味がない?


資格勉強の良し悪しでいうと、やることの意味はあります。

資格で人生変わることはないでしょう(あくまでエンジニア系資格の話です)。

じゃあ「資格勉強自体に意味が無いのか?」と言うと、それは別問題です。

資格取得のメリットは「体系化された知識を勉強できる」点にあります。

資格って、試験内容が体系化された情報になっているじゃないですか。
色んな本を読まなくても、試験対策本に一通りの知識が載っていますよね。

また試験日が決まっているので計画が立てやすいし、
目標があることで勉強のモチベーションにもつながります。

ですので集中してある1つのテーマの勉強をするためなら、
資格取得を利用するのは決して無駄ではありません。

資格をもっていても業務で活躍できない人は、
「資格取得をゴールにしていて、資格勉強だけで完結してしまっている人」です。

ベースとして実践の勉強があって、プラスαで資格勉強を取り入れる人は、
知識の幅も広がるし、自信もつくので、普段のパフォーマンスが加速していきます。

「すがるもの」と捉えるか?「勉強のカリキュラムの1つ」と捉えるか?

資格の捉え方次第で随分結果が変わるわけです。
「すがるもの」としてとらえると、後々のがっかり感が半端ないと思いますよ。

僕自身、サラリーマン時代に基本情報技術者、応用情報技術者を取得しましたが、
取得してよかったと思っています。

取得したことで自信もつきましたし、
直接業務と関係なくても、全体的に知識の下地があることは
何かを調べる時間も短くなるのでパフォーマンスは上がります。

あと、セキュリティスペシャリストとプロジェクトマネジャーは落ちましたが、
勉強したこと自体はとても良かったと思ってます。
勉強した知識は仕事をする上で役に立ちましたから。

なので純粋に勉強の為に利用するなら、悪くないと思います。

資格取得を最優先にする必要はないと思うんですが、
今後の方向性がわからなくなった時期、やりたいことを見直す時期に
基本に立ち返る意味でやるのはいいと思いますね。

僕が応用情報技術者を取得した時はそんな動機でした。

「今後どういう方向性で自分を高めていこうかボンヤリしているな・・・。
とりあえず応用情報技術者の勉強でもするか」みたいな感じでしたね。

まとめ

以上が、フリーランスエンジニアにとっての資格の必要性についてのお話でした。

資格の必要性

  • 面談の確度を上げる為なら意味なし
  • フリーランスは資格よりもポートフォリオ
  • 体系化された知識を学習するには役立つ

単純に「よさそうだから取得する」という程度なら大して身になりませんが、
勉強のカリキュラムとして捉えるなら、決して悪いものではありません。

面談の確度を上げる目的なのであれば、資格取得以外の方法を考えてみましょう。

あなたがWebやスマホアプリのエンジニアなのであれば、
モノを作ってしまった方がよっぽど説得力がありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください