エンジニアのやりがいや魅力を現役エンジニアがご紹介します

こんにちは、フリーランスエンジニアのサカイです!

ここ数年でIT関連の仕事はどんどん増えてますよね~。

そしてエンジニアは高収入というイメージもあり、
最近では未経験のエンジニア志望の方が増えています。

あなたはエンジニア志望の方でしょうか?

今回はエンジニア歴10年の僕が、
今までの経験から思う以下についてシェアしたいと思います。

  • エンジニアの仕事の魅力
  • エンジニアのやりがい

あなたの性格や価値観にあっているか、参考にしてみて下さい。

【現役エンジニアの方へ】
今の職場にどれだけ当てはまっているかチェックしてみましょう。
全く当てはまらないのであれば、職場を変えることをオススメします。

1.ものづくりの楽しさ

やはりなんと言っても、なにかを作る楽しみこそが
エンジニアの魅力ではないでしょうか?

扱う分野によって作るものは違いますが、
自分が作ったものが動くのは嬉しいし、楽しいです。
そして、どう設計するか考えたりするのも楽しいですね~。

さらに自分がものづくりに関われている分、自分なりのこだわりを持つこともできます。

たとえば決まった作業をこなすだけの仕事の場合、
仕事のやり方を考えることはあっても、何かを作る仕事はないですよね?

もちろん納得いくものだけが作れるほど甘くはありませんが、
そんな中でも何かを作っていく仕事は何とも言えない喜びだったりします。

そしてものが出来上がったときの達成感や
自分が関わったものが世に出ていく誇らしさなどもあるので、
よりやりがいが出てくるんですよね。

2.達成感を味わえる

職種によっては基本的に同じことを繰り返すお仕事がありますよね。

接客とか、事務とか、配達とか、などですかね。

エンジニアの場合、プロジェクト単位で仕事をするので、
必ず開始と終わりが来ます。

ですので、1つの区切りとともに達成感を味わうことができるんですね。

中には何年も続いているプロジェクトもありますし、
終わる前に次のプロジェクトが開始していたりするので、
毎回きれいな区切りがあるわけではありません。

でも自分の中では作業の区切りを迎えることで
「色々あったけどなんだかんだでやり切ったぞ」という達成感はあります。

そしてプロジェクトの打ち上げでは
まわりのメンバーとねぎらい合うことができます。
苦労を共にしたメンバーとは妙な絆ができるところがエンジニアの面白いところですね。

3.給料が高め

エンジニアは他の職種に比べて給料がやや高めです。

転職サイトマイナビの職種別年収ランキングを見てみると、
すごく飛びぬけているわけではないですが、やや高めですよね。

Screenshot of tenshoku.mynavi.jp
20位 プロジェクトマネジャー・リーダー(汎用機系) 676万円
24位 プロジェクトマネジャー・リーダー(WEB・オープン・モバイル系) 648万円
35位 プログラマー(ゲーム・アミューズメント系) 611万円
47位 システムエンジニア(DB・ミドルウェア設計/WEB・オープン・モバイル系) 588万円
65位 システムエンジニア(マイコン・計測・画像等/制御系) 569万円
73位 システムエンジニア(通信制御ソフト開発/制御系) 565万円
75位 システムエンジニア(アプリ設計/汎用機系) 563万円
85位 プログラマー(WEBサイト・インターネットサービス系) 553万円
98位 システムエンジニア(アプリ設計/WEB・オープン・モバイル系) 542万円
125位 プログラマー(制御系) 526万円

参照:【全311職種】職種別モデル年収平均ランキング | マイナビ転職

大変なことや残業が多い場合でも、ちゃんと見返りがあるならやる気になる、
ということは実際ありますよね。

年収だけでモチベーションを保てるほどの額ではないですが、
やりがいの1つにはなるでしょう。

【注意!】
残業代やボーナスのないブラック企業もありますので、
しっかり確認してから入社するようにしましょう!

4.努力が報われる

僕がエンジニアになった理由です。

職種によってはどれだけ頑張っても給料が変わらなかったり、
昇格しても大して給料が変わらない場合がありますよね。

しかしエンジニアの場合、しっかりと自分のキャリアパスを考え、
自分の目指すキャリアに見合った努力をすれば、確実に報われます。

そして目指せる道もいくつかあるので、
自分に合ったキャリアを目指すことができるのです。

しっかりとキャリアを積めば、以下の職種を目指すことも可能なわけです。

1位 システムアナリスト 1,396万円
5位 システムコンサルタント(業務系) 899万円
18位 パッケージ導入コンサルタント(ERP・SCM・CRM等) 707万円

参照:【全311職種】職種別モデル年収平均ランキング | マイナビ転職

もちろん時代の流れに応じた求められることは変わりますが、
「選択肢がある」というだけで随分と他の職種より恵まれています。

もし、努力が報われないとしたら、
会社がブラックか、努力の仕方が間違っているかのどちらかです。

そして、サラリーマンとして給料が頭打ちになれば
フリーランスになることで更に収入アップします。

年収1000万だって夢のような話ではありません。

ある程度経験を積めば、エンジニアがフリーランスになることは
決してハードルの高いことではありません。

5.色んな知識が身につく

エンジニアとして人生を送る中で、
1つの開発だけをやる、ということはまずありません。

もし、1つの分野だけに携わることはあっても、技術の進化は著しいので、
どんどん新たな技術を覚えていく必要があります。

時には新たな技術の習得はプレッシャーにもなりますが、
飽きることなく、色んな技術に触れられることが
エンジニアならではかなと思います。

僕は知識欲、成長欲が強い方なので、
常に退屈することないエンジニアという仕事に魅力を感じています。

6.生き抜く力がつく

エンジニアの仕事にはだいたい問題が起きます(笑)
そして、何かを創造する力が要求されます。

以前テレビで林先生が
人生に必要な力を「解決と創造」とおっしゃっていましたが、
まさにエンジニアの仕事は問題解決力、創造力が、鍛えられる仕事なんです。

エンジニアの仕事を通して問題解決力、創造力を鍛えることで、
プライベートの問題にも向き合える力がつきます。

更に今後はどんどんITが生活の中に組み込まれていくので、
ITリテラシーの高さはそのまま生きやすさにつながります。

エンジニアが生きやすい世界になっていくわけですね。

7.社会に貢献している実感

扱う分野によって異なりますが、
エンジニアが扱うものは生活の中で使われるものや、人々の生活を支えるものが多いです。

  • インフラ
  • 医療
  • 交通
  • 教育
  • エンタメ
  • 情報サイト
  • 業務系
  • などなど

あげだしたらキリがありませんが、だいたいが人々の生活に関係があるものばかりです。

人に役に立っているものの開発に携わっているということは誇らしいものです。

そして責任のある仕事だという実感もしやすいので、
しっかりやろうというやりがいも生まれます。

まとめ

  • ものづくりの楽しさ
  • 達成感を味わえる
  • 給料が高め
  • 努力が報われる
  • 色んな知識が身につく
  • 生き抜く力がつく
  • 社会に貢献している実感

世間ではエンジニアに対してネガティブなイメージを持つ人もいますが、
結構やりがいのある仕事なんですよ!

楽な仕事ではありませんが、やりがいは十分にあるので、
もし今回ご紹介したやりがいがあなたの価値観に合っているなら、
是非エンジニアを目指してもらえればと思います。

もしあなたが現役エンジニアの方で
やりがいを感じていないなら、こちらの記事をオススメします。

仕事にやりがいを感じられないエンジニアが今すぐチェックすべきこと

2018年11月7日

あなたがやりがいのある仕事につけることを願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください