ITエンジニアの受かる職務経歴書とは?書き方のポイントをご紹介します!

こんにちは、フリーランスエンジニアのサカイです。

今回は「受かる職務経歴書のポイント」についてご紹介します。

今回のポイントは

  • 僕自身が面談を受けた経験
  • 色んなエージェントさんから受けたアドバイス
  • 選ぶ側だったサラリーマン時代の経験
この3つから得たポイントをご紹介します。

1.職務経歴書の役割

そもそも、なぜ職務経歴書を書かないといけないのでしょうか?

職務経歴書を書くのはなかなか面倒ですよね。
でもちゃんと役割があるので、大切なものなんです。

以下にご紹介する役割を知っておくと、
職務経歴書や面談の取り組み方が変わってきます。

①無駄な面談をしない為の判断材料


エンジニアを募集する企業の担当者さんは、
自分達に縁のないエンジニアと会っている暇はありません。

それどころか会いたいと思ったエンジニアとでさえ、
時間をやりくりして面談の時間を作っているのです。

人が足りなくて募集しているのですから、暇なはずがありません。

なので縁のないエンジニアに会っている場合ではなく、
できるだけ効率的に欲しい人材を見つけたいと思っています。

担当者さんにとって職務経歴書は、

  • 「この人は面談する価値のあるエンジニアさんか?」
  • 「自分達と縁のありそうなエンジニアさんか?」
を見極める材料になります。

このことをふまえると、職務経歴書は、
「担当者さんに会いたいと思ってもらえる内容」である必要がありますね。

②面談時の話題


職務経歴書を見て担当者さんに「会ってみたい」と思ってもらえたら、
面談の依頼を頂けます。

「一次審査に合格!」みたいな感じですね。

面談の時には、だいたい職務経歴書のコピーが配布され、
それをもとに話を進めていきます。

なので面談時においては「話題のネタ」になるわけです。

経歴の中で担当者さんが「もっと詳しく聞きたい」と思った部分を
質問してくれます。

このことをふまえると、職務経歴書は、
「担当者さんが食いついてくれそうな内容」が記載されている必要がありますよね。

③自分の棚卸


三番目は自分にとっての必要性です。

職務経歴書を書く時には必ず、自分の経歴を振り返ります。
サラサラッと簡単に書けるものではありませんから。

「え~っと、そういえばこんなこともやってたな~」
なんて振り返りながら書くことになります。

自分の棚卸は非常に重要な作業です。

自分自身の方向性を見直す機会でもありますし、
しっかり振り返っておくと、面談時の質問にスムーズに答えられます。

面倒くさがらずにしっかりと棚卸をしておきましょう。

2.職務経歴書の大切なポイント

①最も重要なポイント

職務経歴書の役割をふまえると、以下の内容が求められるとご紹介しました。

  • 担当者さんに会いたいと思ってもらえる内容
  • 担当者さんが食いついてくれそうな内容

「なんかハードル高ぇ~な~・・・」と思いましたか?

でもご安心下さい!やることは1つです。

できるだけ具体的に書く

担当者さんがエンジニアを探している時に一番求めているのは
「いかに自分達のプロジェクトにマッチしているか?」
です。

スキルが高いに越したことはありませんが、
スキルの高さより「いかにマッチしているか?」の方がずっと重要です。

とにかく即戦力を求めているので、

現場にマッチしたエンジニアさんに来てもらった方が
立ち上がりが早くて助かる

わけです。

なので、できるだけ具体的に経験を知りたいわけです。

「C言語やってました」「組み込みやってました」
では情報が足りなさ過ぎるんですね。

  • 何人ぐらいの現場で
  • どんなチーム構成で
  • どんなものを作っていて
  • どこまでを担当していて
  • どのくらい厳しい、ゆるい現場で
  • どのくらいの負荷でやっていて
  • どんなことに詳しくて(苦手で)
など、あればあるだけ知りたいわけです。

一言で言うと、

「本当にウチでちゃんとやってもらえるのか?」の確信を得たい。
これが担当者さんの最終目的となります。

しっかり自分自身を判断してもらう為に、具体的な記載を心掛けましょう。

以下の項目を具体的に書いておくと良いです。

  • 業界、分野
  • チーム構成
  • 担当したポジション、担当工程
  • 担当業務
  • 習得したスキル
  • 使用した言語、サーバ、DB、ツールなど
  • どのくらい負荷でやっていて、
  • どんなことに詳しくて(苦手で)

②記載する時の注意点1:「浅く広く」を求めない

職務経歴書を書く時って、なるべく多くの担当者さんの目に留まって欲しくて、
少し曖昧に書きたくなる場合はありませんか?

その気持ちはよくわかりますが、逆効果です。

あなたの経験だったり希望だったりが曖昧な書き方だと
顧客があなたを正確に判断できません。

その結果、「よくわからないから面談しなくていいか」
と結論を出される可能性があります。

また面談までいったとしても、面談で話が広がらずに
落ちる可能性が高いです。

もし面談に受かって参画することになっても、
企業の担当者さんがしっかりあなたを判断できたわけではないので、
もしかしたら、案件とマッチしていないかもしれません。

曖昧な理解のまま参画して上手く適応できないと、
あなたも顧客も嬉しくありません。誰もハッピーになりません。

なのでマッチしていない場合は、
スパッと切って貰った方がお互い不幸にならずに済むわけです。

もう1つのデメリットとしては、職務経歴書がざっくりしていると、

  • 適当な人、ちゃんとしていない人
  • 実際の業務でもこんな報告なのかな?
  • 大した経験していないのかな?
などと悪い印象を持たれてしまいます。

「職務経歴書から自分のイメージを想像される」という点でも
具体的な記載は重要なんです。

より具体的に書くことで、面談の数は減るかもしれません。
「マッチしていない」という判断もしやすくなりますから。

でもその方がいいわけです。

面談の数は減るかもしれませんが、
あなたに本当に興味のある担当者さんだけが面談を依頼してくれるようになります。

あなたとしても無駄な面談をする必要がなくなります。
恐れずに具体的にしていきましょう。

③記載する時の注意点2:勝手に内容を省かない

もう1つの注意点は、
「自己判断で情報を省かない」ということです。

「こんなこと、書くまでもないか。誰でもできるしな~。」
と思って書かないのはやめましょう。

「あなたが重要だと思っていること」と
「企業の担当者さんが知りたいこと」はイコールではありません。

自分の中では当たり前のようにやっていたことでも、
経験者のいない企業様からするとすごいことなのです。

チャンスロスになる恐れがあるので、
経験したことはちょっとしたことでも書くようにしましょう。

④記載する時の注意点3:簡潔に書く

「具体的に」「省かない」を意識しながら書くと、
ついついダラダラと長い文章になりがちです。

「具体的な文章」と「無駄に長い文章」は全く違います。

担当者さんの負担になりますし、良い印象も持たれないので、
無駄に長くはならないように気を付けましょう。

「必要な情報を簡潔に書く」

僕達エンジニアは日々の業務で
「過不足なく」という意識を求められているので、同じ感覚で書けば良いと思います。

あなたがドキュメントのレビューで
「情報が足りないことを指摘されることが多い」タイプなら、
少ししっかり目に書くぐらいの意識でいいでしょう。

逆に「文章が整理されていない、冗長、などと指摘されることが多い」タイプなら、
簡潔に書くことを意識した方がいいでしょう。

簡単にはいきませんが、
何回か見直しながら過不足がないかチェックしましょう。

エージェントさんにレビューしてもらうのも、おススメです。

3.新しいことをやりたい場合


具体的に経歴を書くと、自分のスキル、経歴にマッチしたプロジェクトから、
面談の依頼が来るようになります。

でも逆に言うと、
「自分のスキル、経歴にマッチした企業からしか面談の依頼がこない」
ということでもあるんです。

自分の分野、専門を1本に絞ってキャリアを積みたい場合は
全く問題ありませんが、新しいことにもチャレンジしたい場合は、
ちょっと自分の希望とは違う状況になってしまいますよね。

新しい分野に進みたい場合、職務経歴書の「自己PR」欄に
「新しいこともやってみたい」という意欲、希望を書いておきましょう。

僕は「新しいことにチャレンジしたい」「色んなことを吸収して成長したい」
ということを記載していますが、面談時に結構その記載に触れてもらえます。

面談では、例えばこんな質問を頂きます。

  • 「例えばどんなことをやってみたいですか?」
  • 「新しいことをお願いしてもいいということですか?」

企業の担当者さんとしてはマッチした人材を探しつつも
「新しいことをお願いできるなら、なおありがたい」という気持ちがあります。

特に自社で製品を開発している企業様の場合、
新しい技術、分野に取り組んでいて、
経験者が少ない中で試行錯誤しています。

どの企業様も研究開発部門があるわけではなく、
今いる人員の中でなんとかやりくりしている感じなんですね。

なので、新しいことにチャレンジしたいという意欲のある人は
大歓迎なわけです。

ただ誤解の無いように補足しておくと、「未経験者 歓迎」とは違います

メインでお願いしたい業務をしっかりやってくれそうな技術、経験がありながら、
+αで新しいこともやってくれる意欲があるなら期待できる。
です。

1つ重要な点ですが、

新しい分野にチャレンジしたいという希望があるなら、
必ずエージェントさんに伝えましょう。これはマストです!

あなたの希望に合った案件を探してくれますし、
面談の時にも、新しいことに触れてもらえるようアシストしてくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  1. できるだけ具体的に書く
  2. 「浅く広く」を求めない
  3. 勝手に内容を省かない
  4. 簡潔に書く
  5. 新しいことをやりたい場合は「自己PR」欄でアピール

職務経歴書は書き方1つで、あなたの希望の案件で出会うチャンスが変わってきます。
しっかり自分の棚卸をして、戦略を立てて書きましょう!

それでは、快適なエンジニアライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください