フリーランスエンジニアがつらい人生にならない為に必要なスキル

こんにちは、フリーランスエンジニアのサカイです。

今回はフリーランスエンジニアにとって必要なスキル
についてご紹介します。

業務委託として顧客企業に常駐して作業するフリーランスエンジニアって、
生活サイクル的には会社員エンジニアと変わりありません。

ですが、やはり会社員とフリーランスは必要な事が違うんですね。

フリーランスになった結果、つらい人生になり
「フリーランスにならなければ良かった…」なんて後悔しないよう、
しっかりと身につけていきましょう!

1.サラリーマンとの違い


サラリーマンとフリーランスの決定的な違いは、
「自分の面倒を見てくれる人(組織)が存在する」
という事です。

これは「いざという時」も含めてです。ここが大きい。

会社員エンジニアの場合、極端なこと言うと、
ただコード書いていればやっていけたりもします。

会社からの評価は低かったとしても、
面倒な事務作業が付いて回るとしても、
そこを受け入れられれば、安心です。

リストラになるほど問題な事をしていたり、
会社が倒産の可能性がある場合は別ですよ。

リストラや倒産のリスクを除けば、
与えられた仕事をたんたんとらこなしていれば、面倒はみてくれます。

ですがフリーランス場合、誰も面倒を見てくれないので、
自分の力で人生を良くしていく必要があります。

2.フリーランスに必要なスキル

①コミュニケーション能力


フリーランスエンジニアにコミュニケーション能力は、

  • 顧客と有効な関係を築く能力
  • 開発におけるコミュニケーション能力

です。

会社員エンジニアにも共通して大切なスキルですが、
フリーランスは継続して仕事を頂く必要があるので特に重要です。

また、コミュニケーションの問題があった時に
同じ会社の上司や先輩がフォローしてくれるわけではありません。

愚痴を聞いてくれる人もいません。

なのでコミュニケーション能力が高い方が
長くやっていくにあたって、精神衛生上よいのです。

年齢を重ねていくと、顧客が年下の確率が高くなってきます。

その時、自分より若い人に対して変なプライドを持たない事も重要です。

会社員の場合は社内に部下や後輩が増えて、立場が上がっていきますが、
フリーランスは立場が変わる事はありません。

基本、使われる身です。

変なプライドを持ったまま年齢を重ねていくと
「面倒なおじさん」と思われ敬遠されてしまいます。

変に媚びる必要はありませんが、
若い人とも有効な関係を築けるコミュニケーション能力はあった方がよいですね。

②自己管理

自己管理はフリーランスに必須のスキルです。
お金、体調、スキルアップなど、
フリーランスになるといかに会社が面倒みてくれていたかがわかります。

お金の管理


会社員の場合、お金の管理は会社が全てやってくれます。

年金、保険、税金、基本的に会社がやってくれますよね?

面倒なのは年末調整の書類を提出することぐらいかなと思います。

フリーランスになったら、
年金、保険については把握しておかなくてはいけませんし、
税金も計算しておかないと大変な目にあいます。

売上をあるだけ使って、納税できなくなった人もいるようです。

また、節税や積立の知識を身につけて
実践するとしないでは手元に残るお金が変わっていきます。

自分でやらなくてはいけない反面、
やりようによって自分が得するように運用できるという事でもあるのです

是非、身につけておきたいスキルです。

僕はフリーランスになってよかった事の1つだと思っています。

サラリーマンだってお金の知識は身につけた方が得なのです。
積立とか保険とかってお得なプランありますから。

でもサラリーマン時代は、あまりちゃんと調べた事もありませんでした。

フリーランスになった事で向き合うようになったので、
人生における得する知識を身につけるいい機会を得られました。

体調管理


体調管理はかなり重要です。

会社員の場合は、休んでも給料が変わるわけではありませんし、
有給を使う事もできます。

フリーランスでは業務委託の場合、
契約している時間幅を下回ると、報酬から引かれてしまいます。

請負でやっている場合でも、
体調不良によって成果物を納品できなければ売上がたちません。

また長期休養についても、会社員の場合は休職手当がでます。
給料の6割程度ではありますが、収入がストップする事はありません。

ですがフリーランスの場合はゼロになります。

そう考えると、体調管理は最重要スキルになります。

コミュニケーション能力があっても、お金の管理ができても、
仕事ができない状態になってしまったらそれまでです。

メンタル管理

体調と同じく、最重要スキルです。

お伝えしたようにフリーランスには
上司、先輩、同僚といった存在がいないので、
いざという時に頼れる人がいません。

サラリーマンでも孤独な状態になる事はあります。
でもフリーランスの場合、完全に一人です。

いざという時にフォローしてくれる人が
いないのです。

ですので、自分の中で

  • メンタルの管理
  • ストレス解消法
  • 困った時に頼る人など
こういった事を確立しておく必要があります。

あと、困った時に金銭的に困らないような状態を作っておく事も重要です。

なので僕は「エンジニア+不労所得+資産運用」の確立を掲げているのです。

体調やメンタルがやばくなった時に
安心して休暇期間をとれる状態もコツコツ作るようにしましょう。

③開発スキル


長くやっていくためには、
「自分の開発スキルを磨いていく事」「新しい技術を習得する事」は必須です。

会社では資格、研修、勉強会への参加を求められる事がありますし、
上司や先輩から「普段から勉強しろよ」的な事を言われたりします。

人によっては煩わしく感じるでしょうが、これは結構ありがたい事で、
フリーランスになると誰も何も言ってくれなくなります。

自分で自分のスキルを上げる努力をしない人は、
現場での業務スキル以外は上がりません。

一生同じ現場でやれる保証があるならそれでもいいでしょが、
そんな保証はあるはずがないので、常に腕は磨いておいた方がいいわけです。

仕事がなくなった時に
「ちゃんと勉強しておけば良かった…」と後悔してもどうしようもないですからね。

最後に


フリーランスとして
収入的にも精神的にも安定した人生を送る為のスキルをご紹介しました。

  • コミュニケーション能力
  • お金の管理
  • 体調管理
  • メンタル管理
  • 開発スキル

今回ご紹介したスキルは何か特別な事をしなくてはいけないわけではなく、
日々気をつけて習慣にしておけば、大げさに考えるような話ではありません。

なので今のあなたに足りてない点があったとしても、
少しずつ習慣に組み込んでいけば問題ないと思います!

僕も色々と試行錯誤していきますので、
気付きがあれば、どんどんシェアしていきますね。

では、快適なエンジニアライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください