出世したいサラリーマンエンジニアは技術よりマインドを学べ!

こんにちは、フリーランスエンジニアのサカイです。

今回はサラリーマンエンジニアが出世をする上で欠かせない
マインドの重要性について、僕やまわりの人の経験から語ってみたいと思います。

1.サラリーマンエンジニアの出世にマインドは不可欠

「エンジニアにマインドなんて不要」だと思っている人はかなりの数いますが、
出世したいのであれば必要です。

  • 「技術力だけあれば出世できる」
  • 「技術力のある順番に出世していく」
これは大きな勘違いです。

なので
「なんであいつの方が技術力がないのに先に出世するんだ!?不公平だ!」
という妬みも勘違いです。

サラリーマンエンジニアが出世したいのであれば、マインドは必須です。

出世して人を管理する立場になった時に必要なのは人間力です。

勘違いされないように断っておくと技術力が不要という事ではありません。
技術力がなければ誤った判断をしかねないし、部下の信頼も勝ち取れません。

なので「技術力が無くてもいい」という事ではありません。技術力は必要です。

でも「あるレベルまでいったら技術力をあげるだけでは出世できない」わけです。

人をまとめるスキルと技術はまた別にあるのです。

僕はサラリーマン時代それなりに出世しました。
僕よりキャリアのある先輩、僕より技術力のある上司を抜いて出世していきました。

「なんであいつが!?上司に気に入られようとしていたからな〜」
と思っている人がいるのは何となくわかりました。

そもそも僕自身も不思議な気分でした。
技術力やキャリアが僕より上の人達を抜いてしまったことに。

でもそれは僕だけが感じていた事ではありませんでした。

出世していく人に話を聞いてみると、
だいたいの人が同じような事を感じていたみたいなのです。

エンジニアの感覚では本人もまわりの人も
「技術力の高い人の方が地位が上になる」という感覚を持っています。

だからまわりから妬まれたり、本人も不思議な感覚に襲われたりするのです。

ですが出世させる側の上司は全然違う事を考えています。

「今後の会社を担っていく為に後を任せられる人間か?」を見ているのです。

そしてそれは本人が備えているマインドの違いによって、大きな差として現れます。

ではその「出世に必要なマインド」とは何でしょうか?

2.エンジニアの出世に必要なマインドとは?

以下は、僕の経験から思う「エンジニアが出世する為に必要なマインド」です。

  1. 会社を想う力
  2. チームを想う力
  3. 野心

①会社を想う力

会社のビジョンに共感し、共に会社発展を目指すマインドです。

誤解の無いように断っておきますが、
単純に会社の犬になって、上司の言いなりになるというわけではありません。

本気で会社の未来を考えるという事です。
ですので会社のためであれば、時に上司に反対し、意見するぐらいの気概が必要です。

口答えばかりする人間は可愛くありませんが、
情熱を持って意見する人間は頼もしいと思います。

上司も人間なので可愛くない人間を出世させたいとは思いません。
ただ、単なるイエスマンでは頼りないという事も思うわけです。

自分を慕い、共感してくれつつ、
時に意見してくれる人間を自分の後釜にしたいと思うものです。

なので出世したいのであれば、
すでに出世したぐらいのマインドで仕事をする必要があります。

「自分は別にリーダーじゃないし」みたいな事を言っているうちは出世しません。

すでにリーダーみたいなマインドと働きぶりをしている人に
後から肩書きが辻褄を合わせてやってくるのです。

②チームを想う力

チームの未来、チームメンバーの未来を考える人が自然と上に上がっていきます。

チームとメンバーのことを考えると、
自然と結果も出るし、メンバーからも慕われ、それは上司にも伝わります。
そして、自然と評価が上がります。

その為には何より覚悟が必要です。

  • メンバーに厳しい事を言う覚悟
  • 何かあった時にメンバーを守る覚悟
  • どんな状況でも結果を出す覚悟
  • 失敗した時に責任を取る覚悟

厳しいだけの人、嫌われないように優しくしているだけの人、失敗を部下のせいにする人、上司に気に入られる事だけを考えている人には、人はついてきません。

なのでチームを担うにはそれなりの覚悟を持てるマインドが必要なのです。

③野心

野心は結構重要です。
野心があるからこそ、覚悟ができるものです。

純粋に情熱を持って突き進む人もいますが、
野心を持って仕事をしている人の方がパワーがありますし、
上司にも目をかけてもらいやすいです。

野心の無い人より、野心のある人の方がチャンスをもらいやすいです。

だから、遠慮せず野心は表に出していいと思います。

3.出世したいなら覚悟しましょう

技術力が高いのに出世しないエンジニアがいるのはなぜでしょうか?

理由は次のうちどちらかです。

  1. 出世やマネジメントに興味がない
  2. マインドを備える覚悟がない

1の「興味がない」は良いですよね。
興味がないんですから、出世する必要なんてありません。

でももし出世したいのに2の「マインドを備える覚悟がない」だとしたら
もったいないです。

簡単にいうとビビっているわけですから。

さらに痛いのは、2でありながら出世していく人を妬み、批判している場合です。

こういう人は結構います。
だから出世するにはまわりから批判される覚悟も必要なわけです。

まあ、そういう人達からも最終的には認められる事がベストですけどね。
それもマインドのなせる技だと思います。

とにかく技術があってもマインドが備わっていなければ
上がりようもないのが現状のサラリーマンエンジニアなわけです。

もし、とにかく技術だけに興味があって、
マネジメントなんてやりたくないというならフリーランスになればいいんです。
技術だけの事を考えていればいいですし、それでいて高収入ですからね。

でもビビっているけど本当は出世したいなら、
一度ぐらい覚悟を決めてもいいんじゃないかなと思います。

もし、うつになりそうだったら、その時は逃げても良いわけだし。
覚悟を決めたからといって壊れるまで頑張る必要はありません。

まとめ

僕はいまフリーランスになっていますが、
覚悟をもって出世に向き合って突き進んだ時期は良い経験になりました。
結構辛い事もありましたけどね。

なのでもしあなたが出世したいのにビビっているなら
一度ぐらいは覚悟をもって高いマインドで突き進んでみる事をおススメします。
上手くいかなくても得られるものはあると思いますよ。

それでは、快適なエンジニアライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください