プログラマーの定年って何歳?いつまでプログラマーを続けられるのか?

こんにちは、フリーランスエンジニアのサカイです。

プログラマーをやっているとふと頭をよぎる
「この仕事は何歳まで続けられるのだろうか?」という漠然とした不安。。。

若い時にはそこまで考えないと思いますが、
30歳を過ぎると今後のキャリアについて悩む人は多いです。

昔は「プログラマー35歳定年説」という説がありました。

現代のプログラマー事情からすると古い話ですが、結構参考になる話なので、
35歳定年説に触れながらプログラマーの定年について考えていきたいと思います。

「プログラマー35歳定年説」だなんて言われている理由

昔はプログラマーの定年は35歳。それ以上は続けられない。
といった「プログラマー35歳定年説」という説がありました。

なぜアスリートでもないのに35歳という若さで定年がきてしまうのでしょうか?

理由は以下です。

理由1
プログラマーはとにかく過酷。徹夜なんて当たり前の世界だから、
35歳ぐらいまでしか気力・体力がもたない。。。
理由2
プログラマーの世界はどんどん新しい技術を覚える必要があるので、
若い人のように吸収できなくなってくる。。。
理由3
年を重ねるにつれて、会社からどんどん管理業務を任される為、
35歳になる頃には管理がメインになっていて、気が付けばコーディングをしなくなっている。。。

では、1つずつ触れていきましょう。

理由1.35歳ぐらいまでしか気力・体力がもたない


プログラマーの世界は、昔は徹夜やら休日出勤が珍しくない状況でした。

いつまで経っても終わりが来ない状況を表す
「デスマーチ」という言葉もあるぐらい、徹夜などは当たり前だったんです。

おじさんプログラマーと話すと、だいたい武勇伝を聞かされると思います(笑)

かくいう僕も以前は2日連続で徹夜したり、
深夜作業、休日出勤、20日連続勤務など、アホみたいな状況にあっていました。

ただ現代のプログラマー事情はかなり改善されています。

過酷な労働の犠牲にあった方の事件もメディアでは大きく取り上げられるようになり、
世の中の潮流として過酷な労働が許されなくなってきています。

未だに徹夜とかしている現場もあるかもしれませんが、
ITの世界も例外ではなく、現場の負荷はかなり気を使われるようになりました。

どの会社さんも全体的に改善を図っているようです。まともな会社なら。

「働き方改革」なんていうことも言われていますし、
昔のような徹夜三昧なんてことはもうないでしょう。

また、徹夜続きの状況というのは、
昔はマネジメントやプロセス手法が未成熟だったという理由もあります。

昔に比べて随分マネジメントやプロセスの手法が確立されてきたので、
作業の調整もしやすくなってきています。

もちろん、どの案件にも当てはまることではないですけどね。あくまで傾向です。

ということで負荷の高い状況は減ってくるわけですが、
それにしても気力・体力が落ちる年齢が35歳なんて、あまりにも若すぎますよ。。。

60歳でバリバリやってるエンジニアの方も知ってますし、
できないことはありません。

ちなみにフリーランスであれば、事前に案件の負荷状況は確認できますので、
負荷の低い案件を選べば問題ありません。

参画後、「話と違うじゃん!」ということであれば変えて貰えばいいだけです。

理由2.若い人のように吸収できなくなってくる


若い頃に比べて記憶力が低下していくのは人間の性質なので、
ある程度は仕方がありません。

ただ知識の吸収に必要なことは必ずしも記憶力だけではありません。

大事なのは「好奇心」と「蓄積」です。

特に知識の吸収に重要なのは、年齢よりも好奇心です。

実際に60歳で新しい技術に興味持って、
ガンガン吸収している人を知ってますし、
若くても特に興味持たず、勉強しない人も知っています。

好奇心があれば、知らないことでも貪欲に取り組めるので、
好奇心のない若い人に比べればはるかに吸収しますよね。

更に新しい知識の吸収は、ベテランの方が有利な面もあります。

新しいといっても、今まで考えもつかないような革新的なものというよりは、
今までの技術がベースになっている技術の方が圧倒的に多いわけです。

また、もともとあったんだけど、
ハードウェアのスペックが上がったことによって、実用化できるようになったこととか。

「クラウド」「ビッグデータ」「Iot」「AI」全部そうですよね。

こういう技術って、
既存のネットワーク、データベース、サーバ、組み込みやらの知識が豊富な人は、
簡単にイメージできるんですよね。

またプログラミング言語も言語によってお作法に違いはありますが、
共通点もたくさんありますので、
今まで蓄積が役に立つことのほうが多いです。

だからベテランの方がベースの知識がある分、有利なわけです。

35歳になって通用しない人は、
35歳までの過ごし方に問題があっただけでしょう。

年齢の限界ではなく、今までサボっていたツケがまわっただけです。

ただ1つだけ知識の吸収を邪魔するものとして、
気をつけなければいけないことは「変なこだわり」です。

「昔はこうだったのに、、」「本来はこうするべきだ、、」
といった変な執着を持ってしまうと新しいことを吸収しづらくなります。

僕は歳を重ねることで怖いのは
「能力の低下」ではなく「初心を忘れる」ことだと思います。

初心と好奇心を持ち続けていれば、
実際に60歳ではバリバリやっている方もいるので、できないなんてことはないです。

理由3.年を重ねるにつれて会社から管理側にまわされる


会社の中では、確かに年齢を重ねるにつれて管理側に寄せられます。

若い人のポストを空けないといけないですからね。
ベテランの人にはどんどん上のポストに上がってもらい、
席を空けてもらわないと会社としても困るわけです。

また、給料のベースアップを毎年するなら
「同じことばかりやっていても困る!」というのもありますね。

そのため、ずっとプログラマーとしてやっていきたい方は
会社から管理業務を任されるタイミングで転職する場合もあります。

実際、管理側にまわらずにプログラマーを続けるにはどうすればいいのでしょうか?

いくつかの道があります。

会社に宣言する

ずっとプログラマーとしてやっていきたいのであれば、
会社にそう宣言してしまえばいいだけです。

誰しもがマネジメントになる必要はないし、
会社にもそこまでポストは空いていないでしょうから。

ただプログラマーを続けるなら、出世はあきらめることになるでしょう。

サラリーマンの場合、「マネジメントにシフト=出世」の場合が多いので、

  • やりたいことをやるのか
  • 出世を優先するのか

を決める必要があります。

だから、
「出世しなくても、給料上がらなくてもいいので、ずっとプログラマーでいさせて下さい」
と会社にいうのも1つですよね。

1つ心の準備をしておく必要があるのは「年下の上司が増えていく」ということです。

出世志向の後輩、部下がマネジメントに移り、自分の上司になる。
そして以前は後輩だった人から指示される。

そういった可能性もあることは想定しておいた方がよいです。

10人未満の会社に転職する

10人未満の会社の場合、社長が営業や管理をしていて、
社員はみなプログラマーというパターンが多いです。

会社の中にキャリアパスがないので、
ずっとプログラマーでい続けられる可能性があります。

ただ人数が少ない場合は、設計やテストなども含めて全部自分でやる場合があるので、
100%コーディングだけではないでしょう。

「ずっと現場でできるならOK!」であれば良い道です。

フリーランスになる

出世を諦めたり、転職を考える方法はどうしても収入を我慢することになります。

フリーランスは高収入でありながら現場作業に専念できるので、
プログラマーにとってかなり恵まれた状態で仕事をすることができます。

また、いろんな現場の仕事を経験できるので、
プログラマーとして成長できる機会も多いでしょう。

とてもおすすめではあるのですが、
1つ注意点は「50歳を越えると新規の案件は厳しいと」ということです。

プログラマーの募集要項には
「40歳まで」「50歳まで」と条件のついている案件はそこそこありますので
50歳を越えて新規の案件を獲得するのはかなり厳しいでしょう。

ですのでフリーランスになるのであれば、人とのつながりを大切にして、
50歳以降は人脈で仕事をつなげられるようにした方がよいでしょう。

もしくは副業的にアプリやサービスを作って収入源を増やすことも
リスクヘッジになります。

最後に

いかがでしたでしょうか?

プログラマー35歳定年説は、もう完全な昔話だということはおわかり頂けたかと思います。

ただ60歳までプログラマーを続けるのであれば、
ちゃんと60歳までのビジョンは考えておきましょう。

そして好奇心、初心、体力は備えておくこと。

実際に60歳以上で活躍されているプログラマーの方はいらっしゃるので、
「生涯プログラマー」は不可能なことではありませんよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください