現役フリーランスエンジニアが選んだおすすめのエージェント一覧

こんにちは!フリーランスエンジニアのサカイです。

フリーランスエンジニアとして活動していくにあたって、
エージェントさんへの登録はマストです。

僕がずっとフリーランスを続けていられるのもエージェントさんのおかげですし、
正直エージェントさんの存在がなければ独立しなかったと思います。

ただ今の世の中エージェント会社がたくさん増えて
どこに登録したら良いのかわかりませんよね。。。

今ってエンジニア売り手市場で新規参入してくるエージェントも多いので、
色々あって「どこがちゃんとしているのか?」なかなか判断できないものですよね。

そこで今回は現役フリーランスエンジニア僕が経験したことや
エージェントさんに実際に伺った内容、Webで調べた結果も含めつつ、
おススメできるエージェント会社だけをご紹介します。

やはり大手のエージェント会社です

僕がまずおススメしたいのは「大手のエージェントはマスト」ということです。

エンジニアがエージェントに求める要素として、以下の2点が重要です。

  • 案件数
  • サポート体制がしっかりしている

エージェントが保有している案件数が多いほど紹介してくれる案件の数も多いですし、
何より仕事の可能性の幅が広がります。

また参画しているプロジェクトが終了しても、
すぐに次の案件を見つけやすい安心感もあるのです。

さらに大手と大手以外のエージェントさんではサポート体制に違いがあります。

案件の獲得から参画後のフォローがしっかりしているので、
特にフリーランスなりたてのエンジニアにとっては安心なのです。

そして教育制度や確定申告、健康診断のサポートなどの福利厚生も充実しています。

福利厚生を重要と思うかどうかは人によると思いますが、
サラリーマンと違って会社が色々サポートしてくれるわけではないので、
自己管理に自信が無い場合は、大手に登録してサポートしてもらうと、
単純に案件を紹介してもらえる以上の恩恵を受けることができます。

ですので、大手にないよほどのメリットのあるエージェントでない限り、
大手のエージェントに登録しておくのがよいです。

ただ、エージェントだけで判断するものでもないので、
「ちゃんとしたエージェント」に登録して「担当さんを見極める」
が 固い線かなと思います。

今回ご紹介するエージェント会社は
ほぼ創業10年以上の会社さんばかりです(1社だけ創業6年)。

信頼と実績があることは当たり前の上で、あなたの希望別にご紹介したいと思います。

Web系に強い会社なら

【業界最大手】レバテックフリーランス



【レバテックフリーランス】

レバテックフリーランスさんは業界最大手です。

正直フリーランスでレバテックフリーランスに登録しない選択肢はないというほど、
マストで登録しておくべきエージェントです。

レバテックフリーランスさんの会社は大きくておしゃれですよ。大手感を感じまくりです。

また登録すると、エンジニア1人1人に案件管理用のマイページを提供してくれます。

メールのレスポンスも早くて、サポート体制がしっかり整っている印象ですね。

レバテックフリーランスさんはWeb案件に強いです。
面談の時にもWebやデータベースの経験を中心に聞かれました。

もしあなたがWebやデータベースのキャリアがあるなら登録マストですね。
AWS経験なんかも重宝されると思います。

ただ組み込み、制御系中心の僕のスキルや経験にマッチした案件も紹介してくれたので、
Webエンジニア以外でも十分登録する価値はあります。

レバテックフリーランスさんは支払いサイトが15日というのも嬉しいポイントです。
(支払いサイト:締めから翌月の報酬が振り込まれるまでの日数)

【レバテックフリーランス】

【サポート体制が充実】ギークスジョブ



【ギークスジョブ】

ギークスジョブさんはWeb系に強いエージェントさんです。
説明会に行った時も、担当者さんがWeb案件の事情にめちゃくちゃ詳しかったです。

あなたがJava、PHP、RubyなどのWebエンジニアであれば、
確実に登録することをおススメします。

またギークスジョブさんはサポート体制もしっかりしています。

確定申告サービスが45日間無料で使用できたり、
オンライン講座を割引利用できたりします。
それだけで十分登録の価値があると思います。

ギークスジョブさんは定期的に
「はじめてフリーランスになる人向けの説明会」を実施されているので、
もしあなたがこれからフリーランスになる方なら、すごくおススメです。

僕は説明会に行って説明を聞き、担当者さんにフリーランス事情を質問できたことで
フリーランスになる前に理解できていなかったモヤモヤがとれました。

ギークスジョブさんの支払いサイトは25日です。

レバテックさん、ギークスジョブさんは
Webやスマホアプリ系のエンジニアなら登録はマストですね。

【ギークスジョブ】

マージンが気になるなら

【SIerにも強い】PE─BANK



【Pe-BANK】

PE─BANKさんは創業30年以上の超老舗です。
それだけに案件数やサポート体制は当然しっかりしています。

SIer(エスアイヤー)や企業システム関連の案件が強いので、
企業システム、業務アプリの経験、インフラの経験もあるなら、登録はマストですね。

また、PE─BANKさんは、
僕の知っている中では唯一マージンの取り分を教えてくれました。

聞いたから教えてくれたのではなく、会社の資料に載っていますし、
担当者さんとの最初の面談の時にも、しっかり説明してくれました。

さらにそのマージンは報酬受取回数(つまり月数)に応じて
パーセンテージが下がっていくというエンジニアに優しい制度もあります。

以下のように長く続けるほどにマージンのパーセンテージが下がっていきます。

報酬受取回数 マージン
1~12回 12%
13~24回 10%
25回以降 8%

もしあなたがエージェントに登録するデメリットとして
マージンのことを気にかけているなら、

PE─BANKさんの案件に参画して、着実にマージンを下げていくのがいいでしょう。

【PE─BANK】

サラリーマンのような安定性を求めるなら

【福利厚生が充実】Midworks


【midworks】

フリーランスになる不安の1つに「サラリーマンのような安定性がなくなる」
という点があると思いますが、、

midworksさんはフリーランスのエージェントにも関わらず、
サラリーマンと同じようなサポート体制が整っています。

  • 案件受注案件中は保険料の半分を負担
  • フリーランス賠償責任補償を付帯
  • 福利厚生サービスリロクラブのサービスを年会費無料で受けられる
  • 給与補償制度

なんか、サラリーマンと変わらないですよね(笑)

サラリーマンの場合、社会保険料は会社が負担してくれます。

また、休職、失業した場合、休職手当や失業保険があるので、
いざという時でもいきなり収入ゼロにはならない安心感があるわけです。

midworksさんのサポート体制もサラリーマンと変わらないぐらいのレベルなので、
安心感を持って仕事にあたれます。

安定性の不安を感じているなら、midworksの登録はマストですね。

【midworks】

高収入を狙いたいなら!

【上流ならマスト】High-Performer



【High-Performer】

High-Performerさんは、以下の方におすすめのエージェントさんです。

  • 高収入を狙いたい
  • 上流の仕事でキャリアを積みたい

平均報酬80万なので、ざっと年収1000万レベルの案件が揃っているということですね。

プライムベンダー案件が93%以上ですから高単価の案件が多いのもうなづけます。
(プライムベンダー:システムやサービスの開発の元請けを行う仕事)

High-PerformerさんはITコンサルをメイン事業とされているので、
しっかりとした企業とのパイプがあるんですね。

また、創業15年ならではの実績なのでしょう。

もしあなたがシステムやサービスの上流工程でキャリアを積んできたのであればまた、
登録しないのはもったいなさ過ぎます。

ちなみにHigh-Performerさんの支払いサイトは翌月15日と短いです。

【High-Performer】

【東証一部グループ企業】フォスターフリーランス




【フォスターフリーランス】

フォスターフリーランスさんは
東証一部上場の豆蔵ホールディングスのグループ企業さんで、創業20年の実績があります。

また、優良案件を常時5000件かかえるほどの案件数なので、
いろんな案件を紹介してくれる可能性が高いです。

フリーランスがエージェント会社に力を借りる最大の意味は企業とのパイプです。

個人では到底構築することのできない企業とのパイプを最大限利用させてもらうためにも、
エージェント会社で抱えている案件数は非常に重要なポイントになります。

また、フォスターフリーランスさんも高単価の案件がそろっています。

特にマネジメント関連では単価100万以上の案件がずらっとならんでいますので、
年収1000万は楽勝で越えてしまうでしょう。

たとえば会社員として安い給料でずっとマネジメント業務をやっていた場合、
収入が1.5倍、2倍に増える可能性は全然あります。

不思議なことに同じような仕事をしていても、
「サラリーマンか、フリーランスか」という違いだけで、
こんなにも収入に差が出てしまうんですね。

【フォスターフリーランス】

テストエンジニアの案件なら

【単価60万以上も】ソフトウェアジョブズ



【ソフトウェアジョブズ】

もしあなたがテストエンジニアとしてのキャリアが長いのであれば、
ソフトウェアジョブズさんは、おすすめのエージェントです。

テストエンジニアというと、
なかなかフリーランスのイメージやキャリアパスがイメージできないかもしれませんが、
そんなことはありません。

テストエンジニアとして実績を積んでいけば、
テストチームのリーダー、プロジェクトリーダー、PMOだったり、
品質分析担当や品質コンサルタントの道も開けます。

エンジニアのキャリアパスは
必ずしもプログラマーやSEを経験しないと築けないわけではありません。

そのあたりのキャリアパスもソフトウェアジョブズさんに
一度相談してみるといいと思います。

【ソフトウェアジョブズ】

転職かフリーランスか迷っているなら

【親身なサポート力】エンジニアファクトリー

【エンジニアファクトリー】

運営しているアイムファクトリーさんは転職エージェントでもあるので、
転職も同時に考えている場合は、おススメです。

転職のつながりも持っているので、
案件の内容も他の会社には無い印象がありますね。

また、アイムファクトリーさんは、
エンジニアのことをちゃんと考えてくれる担当者さんが多いです。

カウンセリング時は
経歴をちゃんと見て、今後のことも考えた上でアドバイスしてくれますし、
ちゃんと自分に合ったものを紹介してくれます。

僕はフリーランスになる前にはじめてエージェントにカウンセリングしてもらったのが、
アイムファクトリーさんでした。

私の色んな不安にも答えてくれて、なんだかんだで2時間ぐらいかけてくれましたね。

【エンジニアファクトリー】

エージェントに登録する時のポイント

まず、登録は複数が基本です。

理由は以下です。

  • 結局、担当者さんが重要
  • 1社から都合よいタイミングで紹介されるとは限らない
  • 同じ案件でも単価が違う場合がある

1つずつ説明しますね。

結局、担当者が重要

エージェント会社によってカラーや強みはありますが、
実際にやりとりする担当者さんが自分と相性が悪ければ、そこまでです。

エンジニアのことを親身に考えてくれる担当者さんもいれば、
ドライに対応される担当者さんもいますから。

プロジェクトに参画後は頻繁にやりとりするわけではありませんが、
いざという時に相談しやすい担当者さんの方がよいと思います。

エージェント会社によって担当者さんのカラーも違いますので、
何人かの担当者さんと実際に会ってみることをおすすめします。

1社から都合よいタイミングで紹介されるとは限らない

プロジェクトによってエンジニアが不足するタイミングは様々です。

そして自分に合ったプロジェクトが
自分の都合に合わせてエンジニア不足になるかどうかもわかりません。

1社だけ登録して自分に合った案件を待っていたら、なかなか決まりませんので、
複数の会社に登録して色んな案件を紹介してもらいながら探した方が
より早く参画まで持っていけるでしょう。

同じ案件でも単価が違う場合がある

実は、同じ案件を複数のエージェント会社が担当している場合がありまして、
また、エージェント会社によって単価が違う場合があります。

エージェント会社によって設定しているマージンは違いますし、
企業から直で仕事をうけるのか、元請けの企業からうけているのかにもよって、
とられるマージンは変わります。

複数のエージェント会社に登録すると、
「あれっ、この案件、ほかのエージェント会社からも紹介されたな…。」
という場合があります。

1社だけに登録していると、担当エージェント会社ごとの違いに気付かないので、
複数登録しておくと、よい条件を提示しているエージェント会社から仕事を請けることができます。

一気に登録するのもよくない

複数登録は基本ですが、
いきなり何でもかんでも一気に登録することはおススメできません。

たくさん登録しても、大量の紹介に目を通したり、
それぞれの会社の面談に行くのは限界があり、捌き切れないです、

また、迷いが増えるだけです。

今の世の中、魅力的な案件はたくさんあります。
エンジニアにとって、とても恵まれた状況なのです。

ですので知れば知るほど迷いがでます。
「贅沢な悩み」ではありますが、複数の案件に魅力を感じて迷うことになります。

企業との面談後はだいたい2、3日で参画希望か回答する必要があるので、
色んな案件を並べてじっくり検討する余裕はありません。

結局参画するのは1つですし、その案件に一生いるわけではないので、
あまり深く考えず、選択肢を絞って探した方が良いです。

なので、2、3個登録してみて、
様子を見ながら1つずつ追加で登録するぐらいが良いでしょう。

4.まとめ

Web系に強い
マージンが気になるなら
サラリーマンのような安定性を求めるなら
高収入を狙いたいなら
テストエンジニア案件なら
転職かフリーランスか迷っているなら

フリーランスエンジニアにとってエージェントに登録することはマストですが、
ちゃんと選ぶポイントを理解した上で選ばないと、しっかり恩恵を受けられません。

今回の記事を参考にして頂き、あなたがより良い案件に参画できたら嬉しいです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください