僕を支えてくれたビルゲイツの名言7つ

こんにちは!フリーランスエンジニアのサカイです。

今回は、今までの僕を支え、今も自分の基準になっている
ビルゲイツの名言をご紹介します。

世の中ではスティーブ・ジョブズの方がリスペクトされているようですが、
僕はビルゲイツが好きです。

もちろんスティーブ・ジョブズも好きですが、ビジネスにおいては、
ビルゲイツからの学びによって助けられることが多かったんですよね。

  • 仕事でくじけそうになった時
  • 人生の方向性を考えようとした時
  • 日々を振り返る時

ビルゲイツの名言に教えられ、軌道修正できたことも少なくありませんでした。

そんな名言7つをご紹介したいと思います。

1.折れないマインドを作る名言4つ

自分のことを、この世の誰とも比べてはいけない。
それは自分自身を侮辱する行為だ。

この言葉をはじめて見た時、なんか泣きそうになりました。
救われたような気持ちになりましてね。

「あぁ、自分は自分自身を侮辱してしまっていたな・・・」と。

人はついつい誰かと比較して自分自身を良いとか悪いとかって、
評価してしまいがちですが、それって実はすごくもったいないことで
自分の可能性を狭めてしまっているんですよね。

他人を物差しにして自分を決めてしまっている。確かに侮辱だ・・・。

そしてその比較によって勝手に落ち込んだり、調子こいたりしている。

他人を見本とする場合でも、もしその人が自分と違うタイプの人だったら、
自分の良さが削がれる恐れがあります。

あと今までの経験で言うと、
誰かと比べてその人に勝った時(例えば先に出世した、とか)、
特に達成感があるわけではないんですよね。
むしろ虚しさを感じることさえありました。

誰とも比較しない自分になると、自分の可能性が解放されます。

サラリーマンを辞めて、意識せずとも比較する人がいなくなったわけですが、
この名言の価値をより感じるようになりましたね。

誰かとの比較は、自分の心や時間の浪費にすぎないです。

常に自分の夢だけを見て可能性の上限を取っ払うと、
どこまでも可能性は広がります。

僕の器が小さくならない為にとても大切にしている名言です。

人類史上の進歩のほとんどは、
不可能を受け入れなかった人々によって達成された。

何かにくじけそうになった時、不安の声が聞こえてきた時、
「その時こそ人生の分岐点に立っている」
ということを教えてくれるような名言です。

  • 「自分にはできないかも・・・」
  • 「もしかしたら上手くいかないんじゃ・・・」
  • 「みんな無理だって言ってたしな・・・」

こんな時に「進むか?」「やめるか?」この選択によって、
人生が変わっていくんでしょうね。

僕は自分の中に不安の声が聞こえた時、この名言を思い出すようにしています。

世間は、君の自尊心を気にかけてはくれない。
世間は、君が自尊心を満たす前に、君が何かを成し遂げることを期待している。

仕事していると、特に弱っている時なんかは
自分の自尊心を気にかけて欲しくなりますよね。

でも、実際は気にかけてくれないのです。

こんな時、「世間って冷たいな・・・」と思いがちですが、
受け入れることでもう一段上に上がれます。

「そんなことは当たり前だ。落ち込む前にやるべきことをやろう。」と
バッサリ斬ってくれているような感じがします。

「自尊心は成し遂げることでしか守れない」
ということも教えてくれる名言ですね。

人生は公平ではない。そのことに慣れよう。

前の名言と同じですが、
「人生の不公平さに嘆いている暇があったら、やるべきことをやろう。」と
目を覚まさしてくれる名言です。

ビルゲイツほどの人が言うことに説得力がありますよね。

僕達はついつい「正しさ」などの綺麗なものに逃げてしまいます。

その方が自分を正当化して守れるから。

不公平な扱いを受けた時、不公平な他人を批判すれば自分が正当化されるし、
成し遂げられなかったことも正当化できます。

でも、それでは人生は1ミリも変わりません。

世間の不公平さなんかさっさと慣れて、
やるべきことをやった時にはじめて人生が動き出すということですね。

2.人生、ビジネスの方向性の基準になる名言3つ

成功の鍵は、的を見失わないことだ。
自分が最も力を発揮できる範囲を見極め、そこに時間とエネルギーを集中することである。

僕がサラリーマン時代に出世できたのは、
この名言のおかげだと言っても過言ではないと思っています。

僕は30歳からこの業界に入ったので、
バリバリのプログラマーの人とは天と地ほどの差がありました。

もちろんプログラムの勉強はしましたが、
それでも自分の強みであるコミュニケーション能力が活かせる方向を意識して、
上流や管理的な業務で活躍できるできるような努力をしました。

その背景にあったのは、この名言です。
まさにこの名言によって導かれたと思っています。

フリーランスになった今でも
今後を考える上で、とても大切にしている名言です。

自分のアウトカムを設定するときに、
ブレないよう、この名言を定期的に自分に投げかけています。

今後のビジョンを掲げる時に、ついつい「あれもこれも・・・」と
ビジョンが広がりすぎることがありますが、
そんな時、この名言を見ることによって頭をリセットできるんです。

  • 自分の的
  • 自分が最も力を発揮できる範囲

僕はこの2つに意識を集中させるようになってから、
成果が出るようになりました。

成功の秘訣?それは大きなビジョンが持てるかどうかだよ。

この名言もアウトカム設定の時に、
小さくまとまらないように自分に投げかけている名言です。

「自分はこんなもんかな・・・」
そういった心の声を振り払ってくれる名言なんですよね。

セルフイメージが下がると、結果が小さくなるので、
常に大きなビジョンを描き、セルフイメージを高める為に必要な名言です。

大きなことを描くと自然と行動が変わります。

たとえ完全に達成できなくても、
小さなことを描くより確実に大きなことが達成できるのです。

なので描く段階から小さいビジョンを持ってしまうと、
とてももったいないことになってしまうんですよね。

成功を祝うのはいいが、もっと大切なのは失敗から学ぶことだ。

ちょっと何かにうまくいった時に、
調子にのらないように自分を戒めるて為の名言です。

「こんなことで調子にのっている場合じゃないな」と。

また失敗した時にも落ち込まずに
「ここから何を学ぶか?」という導きをもらえる名言です。

こういった姿勢が成功につながっていくのだと教えられますね。

歳を取るほどに失敗の重要性をより感じるようになりました。
今までの数々の失敗が今の僕を支えていると実感できます。

まとめ

  • 自分のことを、この世の誰とも比べてはいけない。
    それは自分自身を侮辱する行為だ。
  • 人類史上の進歩のほとんどは、
    不可能を受け入れなかった人々によって達成された。
  • 世間は、君の自尊心を気にかけてはくれない。
    世間は、君が自尊心を満たす前に、君が何かを成し遂げることを期待している。
  • 人生は公平ではない。そのことに慣れよう。
  • 成功の鍵は、的を見失わないことだ。
    自分が最も力を発揮できる範囲を見極め、そこに時間とエネルギーを集中することである。
  • 成功の秘訣?それは大きなビジョンが持てるかどうかだよ。
  • 成功を祝うのはいいが、もっと大切なのは失敗から学ぶことだ。

名言を見ると、きっとビルゲイツは、
不公平さとか自尊心とかそういうものを取っ払って突き進んだから、
結果が出せたんだな~とつくづく思います。

そのマインドを、僕もこれらの名言から学び続けたいと思います。

あなたにとって参考になる名言があれば嬉しいです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください